こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

SG H29秋 午前 問31

◀️ 前へ次へ ▶️

 個人情報保護法が保護の対象としている個人情報に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. 企業が管理している顧客に関する情報に限られる。
  2. 個人が秘密にしているプライバシに関する情報に限られる。
  3. 生存している個人に関する情報に限られる。
  4. 日本国籍を有する個人に関する情報に限られる。

 

答え

      ウ

解説

  1. 企業が管理している顧客に関する情報に限られる。
    企業が管理しているかどうかは関係ありません。
  2. 個人が秘密にしているプライバシに関する情報に限られる。
    秘密にしているかどうかは関係ありません。
  3. 生存している個人に関する情報に限られる。
    適切です。
  4. 日本国籍を有する個人に関する情報に限られる。
    外国籍の個人も保護対象です。