こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

SG H28春 午前 問9

◀️ 前へ次へ ▶️

 “不正のトライアングル”理論において,全てそろったときに不正が発生すると考えられている3要素はどれか。

  1. 機会,動機,正当化
  2. 機密性,完全性,可用性
  3. 顧客,競合,自社
  4. 認証,認可,アカウンティング

 

答え

      ア

解説

 XXX

  1. 機会,動機,正当化
    XXX
  2. 機密性,完全性,可用性
    XXX
  3. 顧客,競合,自社
    XXX
  4. 認証,認可,アカウンティング
    XXX