こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

SG H28春 午前 問1

◀️ 前へ次へ ▶️

 CSIRTの説明として,適切なものはどれか。

  1. IPアドレスの割当て方針の決定,DNSルートサーバの運用監視,DNS管理に関する調整などを世界規模で行う組織である。
  2. インターネットに関する技術文書を作成し,標準化のための検討を行う組織である。
  3. 企業内・組織内や政府機関に設置され,情報セキュリティインシデントに関する報告を受け取り,調査し,対応活動を行う組織の総称である。
  4. 情報技術を利用し,宗教的又は政治的な目標を達成するという目的をもった人や組織の総称である。

 

答え

      ウ

解説

 CSIRT(Computer Security Incident Response Team:シーサート)は、情報セキュリティに関するインシデントが発生した際に対処するチームのことです。
 CIRT(Cyber Incident Response Team)と言うこともあります。

  1. IPアドレスの割当て方針の決定,DNSルートサーバの運用監視,DNS管理に関する調整などを世界規模で行う組織である。
    ICANNの説明です。
  2. インターネットに関する技術文書を作成し,標準化のための検討を行う組織である。
    IETF(インターネット技術タスクフォース)の説明です。
  3. 企業内・組織内や政府機関に設置され,情報セキュリティインシデントに関する報告を受け取り,調査し,対応活動を行う組織の総称である。
    適切です。
  4. 情報技術を利用し,宗教的又は政治的な目標を達成するという目的をもった人や組織の総称である。
    ハクティビストの説明です。政治的ハッカーとも言います。