こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

SG 28秋 午前 問33

◀️ 前へ次へ ▶️

 “特定個人情報ファイル”の取扱いのうち,国の個人情報保護委員会が制定した“特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)”で,認められているものはどれか。

  1. 個人番号関係事務を行う必要がなくなり,かつ,法令による保存期間を経過した場合は,暗号化した上で保管する。
  2. 事業者内の誰でも容易に参照できるよう,事務取扱担当者を限定せず従業員全員にアクセス権を設定する。
  3. 従業員の個人番号を含む源泉徴収票を,業務委託先の税理士に作成させる。
  4. 従業員の個人番号を利用して営業成績を管理する。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. 個人番号関係事務を行う必要がなくなり,かつ,法令による保存期間を経過した場合は,暗号化した上で保管する。
    XXX
  2. 事業者内の誰でも容易に参照できるよう,事務取扱担当者を限定せず従業員全員にアクセス権を設定する。
    XXX
  3. 従業員の個人番号を含む源泉徴収票を,業務委託先の税理士に作成させる。
    XXX
  4. 従業員の個人番号を利用して営業成績を管理する。
    XXX