こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

PM 28春 午前Ⅱ 問19

問題

XP(eXtreme Programing)のプラクティスの一つに取り入れられているものはどれか。

  1. 構造化プログラミング
  2. コンポーネント指向プログラミング
  3. ビジュアルプログラミング
  4. ペアプログラミング

 

答え

      エ

解説

XPのプラクティスには、次のようなものがあります。

テスト駆動開発

実装を行うより先に、テストを作成する。実装は、そのテストをパスすることを目標に行う。テストを先に作成することで、求める機能が明確化され、シンプルな設計が可能になる。

ペアプログラミング

プログラミングは、二人一組で行う。一人がコードを書き、もう一人はそれをチェックしながら、仕様書を確認したり全体構造を考えたりするなど、ナビゲートを行う。二人は、この役割を定期的に交代しながら仕事を進める。ナビゲータのサポートにより、以下の効果が得られる。

リファクタリング

完成済みのコードでも、随時、改善処置を行う。この際、外部から見た動作は変更させずに、内部構造がより見通し良く優れたものになるようにする。テストが作成されていることが前提になる。

 

関連情報

オンラインテキスト

キーワード

過去の出題