こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

PM 22春 午前Ⅱ 問16

問題

論理データモデル作成におけるトップダウンアプローチ,ボトムアップアプローチに関する記述として,適切なものはどれか。

トップダウンアプローチでは,新規システムの利用者要求だけに基づいて論理データモデルを作成するので,現状業務の分析は行えない。
トップダウンアプローチでもボトムアップアプローチでも,最終的な論理データモデルは正規化され,かつ,業務上の属性はすべて備えていなければならない。
トップダウンアプローチでもボトムアップアプローチでも,利用者が使用する現状の画面や帳票を素材として分析を行うのは同じである。
ボトムアップアプローチは現状の分析に用いるものであり,新規システムの設計ではトップダウンアプローチを使用する。

 

答え

      イ

解説

 

⭕️✖️ XXXXXXXXXX
⭕️✖️ XXXXXXXXXX
⭕️✖️ XXXXXXXXXX
⭕️✖️ XXXXXXXXXX

 

関連情報

オンラインテキスト

 

キーワード

過去の出題