情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

AU 28春 午前Ⅱ 問10

問題

 債権管理システムから出力された債権残高の集計処理結果を用いて,経理部門が事後的に実施できる,異常の有無の検証に有効な方法はどれか。

  1. 債権データ生成時における,得意先コードを用いた得意先マスタとの自動マッチング
  2. 債権データの金額項目のフォーマットチェック
  3. スプレッドシートを用いた売掛債権回転期間の前年同期比較チェック
  4. 正規の権限者による操作に限定したアクセスコントロール

 

答え

      ウ

解説

XXX

  1. ✖️
  2. ✖️
  3. ⭕️
  4. ✖️

 

関連情報

オンラインテキスト

過去の出題

  • なし