情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

AP 28春 問76

問題

内閣府によって取りまとめられた“仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章”及び“仕事と生活の調和推進のための行動指針”では,目指すべき社会の姿ごとに,その実現に向けた指標を設けている。次の表の c に当てはまるものはどれか。

f:id:honmurapeo:20160731173731p:plain

健康で豊かな生活のための時間が確保できる社会
個々の社員のキャリア形成を企業が支援可能な社会
就労による経済的自立が可能な社会
多様な働き方・生き方が選択できる社会

 

答え

      エ

解説

 

 

関連情報

オンラインテキスト

 

キーワード

 

過去の出題