情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

平成26年度春期

PM 26春 午後Ⅰ 問3 設問4

問題 〔移行・運用方法の検討〕 B氏は,H社から要望された,できるだけ業務に影響を与えずに新システムへ切り替えるための移行・運用の方法を検討することにした。 B氏は,データを移行するプログラムの検証も含めて,総合テストの初期段階から本番データに…

PM 26春 午後Ⅰ 問3 設問3

問題 〔調達管理〕 B氏は,A社の開発要員だけでは納期に間に合わないと考えたので,営業部門が使う拡張機能である実績照会機能の開発を外部へ委託することにし,H社プロジェクトの開発のチームリーダに,委託先を選定するよう指示した。チームリーダは,A社…

PM 26春 午後Ⅰ 問3 設問2

問題 〔プロジェクト計画〕 B氏は,プロジェクト計画書を作成するために,プロジェクトの遂行に必要な作業を洗い出した。外部設計が委任契約であることを前提に,全体の期間については参考として,内部設計〜移行完了を外部設計完了後8か月で行う計画案を提…

PM 26春 午後Ⅰ 問3 設問1

問題 〔契約管理〕 B氏は,作成したスケジュール案を基に,H社プロジェクトのリスクについて検討を行った。H社の契約窓口からは,“新システムは,現システムの業務機能は変えずに,アーキテクチャを刷新するものであり,仕様が明確である。”との見解に基づき…

PM 26春 午後Ⅰ 問2 設問4

問題 〔外部設計の遅延対策〕 外部設計が終盤に差し掛かった頃,あるメンバ2名が担当するアクティビティの設計書の最終レビューで問題が検出され,大きな手戻りが発生することが判明した。このアクティビティには,当該メンバ2名が担当する後続アクティビテ…

PM 26春 午後Ⅰ 問2 設問3

問題 〔アクティビティに対するリソース割当て〕 次にQ課長は,今後のアクティビティと,アクティビティに対するリソース割当ての状況を細かく確認した。その結果,次の事実を確認した。 プロジェクトのリーダであるG主任が,クリティカルパス上のアクティビ…

PM 26春 午後Ⅰ 問2 設問1

問題 〔プロセス改善の方針〕 着任したQ課長は,E社のシステム担当役員に現況についてのヒアリングを行った。 E社の情報システム部には二つの開発課がある。2人の課長は,異なるIT企業からの中途採用者であり,それぞれが異なったやり方でプロジェクトをマネ…

PM 26春 午後Ⅰ 問2 設問2

問題 〔進捗管理表の様式〕 F課長が担当するプロジェクトは,外部設計の中盤に差し掛かっていた。F課長は,表計算ソフトを用いて,図1のような進捗管理表を作成し,使用していた。 F課長へのヒアリングでは,この進捗管理表を用いて,次のように進捗を管理し…

PM 26春 午後Ⅰ 問1 設問4

問題 〔プロジェクト遂行方針〕 ヒアリングの結果を踏まえ,K氏は第2回の要求検討委員会において,要求を集約するに当たって,次の方針を提案した。 新人材管理システムの開発範囲は,現状の業務上の問題点を解決することに重点を置き,職能資格制度改定への…

PM 26春 午後Ⅰ 問1 設問3

問題 〔営業部門へのヒアリング〕 K氏は,次に,営業部門のM部長にヒアリングした。概要は次のとおりであった。 営業活動の際に,対象案件と類似した案件の経験者や,必要な公的資格保有者がどの程度いるかを人事部に問い合わせても,確認に時間が掛かると断…

PM 26春 午後Ⅰ 問1 設問2

問題 〔人事部へのヒアリング〕 K氏は,まず,既存のシステムの状況と現状の業務上の問題点を,人事部の担当者にヒアリングした。概要は次のとおりであった。 社員情報システム:全社員の所属,役職職能資格などの情報を管理している。辞令の情報を基に人事部…

PM 26春 午後Ⅰ 問1 設問1

問題 〔スコープマネジメント〕 新人材管理システムの要件定義を開始するに当たって,人事部L部長を委員長とする要求検討委員会を設置して要求を整理することになった。経営会議での指示を受け,人事部以外に営業部門のM部長をメンバに加えることにした。K氏…

PM 26春 午後Ⅰ 問3

問題 生産管理システムの再構築に関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。 A社は,SI企業である。製造業のH社から,生産管理システムの再構築プロジェクト(以下,H社プロジェクトという)を受注することになり,現在,3月からの作業開始に向けて計画を…

PM 26春 午後Ⅰ 問2

問題 プロジェクトの進捗管理に関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。 P社は大手インターネット通販会社である。業容の拡大を目指し,ファッションを専門に扱うECサイトを運営しているE社に,先月資本参加した。P社は,来年度以降にE社を子会社化する…

PM 26春 午後Ⅰ 問1

問題 人材管理システムの構築に関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。 J社は建設業である。来年4月1日に職能資格制度を改定することが決まっている。その改定に間に合うように,新たに人材管理システム(以下,新人材管理システムという)を構築するプ…

PM 26春 午後Ⅱ 問2

問題 システム開発プロジェクトにおける要員のマネジメントについて プロジェクトマネージャには,プロジェクト目標の達成に向けて,プロジェクトの要員に期待した能力が十分に発揮されるように,プロジェクトをマネジメントすることが求められる。 プロジェ…

PM 26春 午後Ⅱ 問1

問題 システム開発プロジェクトにおける工数の見積りとコントロールについて プロジェクトマネージャ(PM)には,プロジェクトに必要な資源をできるだけ正確に見積もり,適切にコントロールすることによって,プロジェクトの目標を達成することが求められる…

ES H26春 午前Ⅱ 問25

ICカードの耐タンパ性を高める対策はどれか。 ICカードとICカードリーダとが非接触の状態で利用者を認証して,利用者の利便性を高めるようにする。 故障に備えてあらかじめ作成した予備のICカードを保管し,故障時に直ちに予備カードに交換して利用者がICカ…

ES H26春 午前Ⅱ 問24

SSLに関する記述のうち,適切なものはどれか。 SSLで使用するWebサーバのディジタル証明書にはIPアドレスの組込みが必須なので,WebサーバのIPアドレスを変更する場合は,ディジタル証明書を再度取得する必要がある。 SSLで使用する個人認証用のディジタル証…

ES H26春 午前Ⅱ 問23

サーバの負荷分散に使われるDNSラウンドロビンに関する記述のうち,適切なものはどれか。 DNSにおいて,一つのIPアドレスに対して複数のサーバ名を割り当てることによって実現する。 DNSにおいて,一つのサーバ名に対して複数のサーバのIPアドレスを割り当て…

ES H26春 午前Ⅱ 問22

組込みソフトウェアなどの設計にも有効な技法であって,システムをプラットフォームに依存する部分と依存しない部分とに分けてモデル化することを特徴とする技法はどれか。 CSM MDA OMT UML // 答え イ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキ…

ES H26春 午前Ⅱ 問21

共通フレームにおける,システム適格性確認テストで確認する内容を明確にするアクティビティはどれか。 システム方式設計 システム要件定義 ソフトウェア方式設計 ソフトウェア要件定義 // 答え イ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキスト…

ES H26春 午前Ⅱ 問20

エラー埋込み法では,検出したエラー数を測定することによって,その時点での埋込みエラー数を除いた潜在エラー数Tを測定することができる。 Tを求める次の計算式の変数A,B,Cに対する項目の適切な組合せはどれか。 総エラー数 = A × B / C T = 総エラー数 …

ES H26春 午前Ⅱ 問19

ハードウェアとソフトウェアとの協調設計(コデザイン)の説明として,適切なものはどれか。 検証なしでハードウェアとソフトウェアとの切分けを行い,それぞれを設計を並行して行ってから,完成時に結合テストを行う。 上流設計から下流設計までハードウェ…

ES H26春 午前Ⅱ 問18

並列に動作する事象間の同期を表現することが可能な,ソフトウェアの要求モデルはどれか。 E-Rモデル データフローモデル ペトリネットモデル 有限状態機械モデル // 答え ウ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキスト キーワード XXX 過去…

ES H26春 午前Ⅱ 問17

操作に不慣れな人も利用するシステムでは,間違ったデータが入力されることが想定される。誤入力が発生しても,プログラムやシステムを異常終了させずに,エラーメッセージを表示して次の操作を促すような設計を何というか。 フールプルーフ フェールセーフ …

ES H26春 午前Ⅱ 問16

NFC(Near Field Communication)の説明として,適切なものはどれか。 静電容量式のタッチセンサで,位置情報を検出するために用いられる。 接触式ICカードの通信方法として利用される。 通信距離が最大10m程度である。 ピアツーピアで通信する機能を備えて…

ES H26春 午前Ⅱ 問15

表のインターバルタイマを用いて約20ミリ秒ごとにタイマ割込みを発生させたいとき,16ビットタイマコンペアレジスタに設定する値は10進数で幾つか。ここで,システムクロックは32MHzとする。 1 19 1,999 19,999 // 答え エ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連…

ES H26春 午前Ⅱ 問14

PWM(パルス幅変調)で変調された信号をアナログ電圧として復調する回路はどれか。 // 答え ア 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキスト キーワード PWM 過去の出題 ES H28春 午前Ⅱ 問15

ES H26春 午前Ⅱ 問13

MPUがもつウェイト機能及びレディ機能の使い方として,適切なものはどれか。 MPUとDMAコントローラとのバス調停を行う。 OSが実行すべきタスクがないときに,MPUをウェイト状態とする。 アクセス速度の遅いメモリにMPUを同期させる。 入出力装置の処理完了を…