こちら(資格部 https://qe.hpeo.jp/entry/ipa)へ移動しました
約10秒後に自動的にリダイレクトします。

平成25年度春期

PM 25春 午後Ⅰ 問4 設問3

問題 〔詳細設計以降の進め方〕 基本設計は順調に進み,あと1週間で完了する見通しとなった。U社はデザイン力と技術力を発揮して,企画部のニズに的確かつ迅速に応えた。基本設計の設計作業とレビューが適切なバランスで実行できたこともあって,企画部から…

PM 25春 午後Ⅰ 問4 設問2

問題 〔基本設計の進め方〕 P社はU社と委任契約を締結し,早速,基本設計の作業を進めることになった。Q課長は,システムアーキテクト及びユーザインタフェースデザイナによる基本設計作業を委託した。②あわせて詳細設計以降を担当する予定のU社の管理者に,…

PM 25春 午後Ⅰ 問4 設問1

問題 〔企画部の特性〕 モバイルアプリのユーザインタフェースと細かな挙動を決定する過程で重要なステークホルダは,企画部である。基本設計では,企画部と調整しながら仕様を確定させていくことになっている。企画部には,次の特性がある。 最新の市場動向…

PM 25春 午後Ⅰ 問3 設問4

問題 〔データ移行の計画〕 B部長は,N課長からM社のデータ移行に関する検討結果について次の報告を受けた。 データ移行については,M社の基幹システムのデータの仕様を熟知しているM社システム管理課の要員が担当するのが妥当である。 M社では6月と12月に定…

PM 25春 午後Ⅰ 問3 設問3

問題 〔業務プロセスの理解〕 B部長はN課長に,A社プロジェクトの要件定義の内容を早く理解するとともに,M社の業務部門に新システムの業務プロセスを理解させるよう指示した。 B部長は,業務プロセスの理解を迅速に行え,かつ,確実なものにするために,業…

PM 25春 午後Ⅰ 問3 設問2

問題 〔新プロジェクトの開発スケジュールの検討〕 B部長は,A社プロジェクトの開発スケジュールを参考に,図2に示す新プロジェクトの開発スケジュール案について検討を開始した。M社との合併で,A社プロジェクトに比べて新プロジェクトの全体工数は増大する…

PM 25春 午後Ⅰ 問3 設問1

問題 〔新システムの方針〕 合併準備委員会の基本方針の決定を受け,両社の関連部門の責任者を集めたシステム検討会議では,両社のシステムの状況を検討し,次の方針を決定した。 ⑴ A社プロジェクトの開発スケジュールで計画されていた稼働予定を変更し,新…

PM 25春 午後Ⅰ 問2 設問3

問題 〔プロジェクトの実行計画策定〕 S課長は,モニタリングシステムのスコープについて検討した。元々は,データ集計とレポート作成の機能だけのシステムを想定していたが,C社の社長の要望を実現するためには,業務プロセスの整理と,既存システムの改修…

PM 25春 午後Ⅰ 問2 設問2

問題 〔経営会議メンバへのヒアリング〕 次に,S課長は経営管理部のD部長との打合せを行った。打合せでは,D部長から,“経営状況を1日でも早く把握するために,現在経営管理部が行っている手作業を,そのままシステム化する方針とし,6か月で開発を完了させ…

PM 25春 午後Ⅰ 問2 設問1

問題 〔計画書の確認〕 S課長は,経営管理部が策定した計画書を確認した。計画書によれば,C社では週次に経営会議を開催し,経営課題に対する意思決定を行っている。経営状況に関しては,各事業部の報告書から,経営管理部が手作業で集計して確認している。…

PM 25春 午後Ⅰ 問1 設問3

問題 〔各社のクラウドサービスの評価〕 L氏は,これらの検討の結果を次のとおりにまとめた。 X社:開発期間に業務上の問題がある。 Y社:開発期間に問題はないが,サーバ運用の条件を確認する必要がある。 Z社:開発期間に問題はないが,サーバ運用の条件を…

PM 25春 午後Ⅰ 問1 設問2

問題 〔スケジュール検討〕 L氏は,各社のクラウドサービスの内容と基本案の作業項目を比較し,各クラウドサービスを利用した場合の作業項目と開発期間への影響,及び課題を次のとおり検討し,開発期間の再見積りを行った。 X社のクラウドサービスを利用した…

PM 25春 午後Ⅰ 問1 設問1

問題 〔クラウドサービス利用の検討〕 L氏は,事業部門及び現場事務所統括部門の責任者を含めて基本案についてのレビュー会議を開催した。その結果,この基本案は,前提を含めて次の点で再検討する必要があるとの指摘を受けた。 ① 事業部門の責任者の指摘:…

PM 25春 午後Ⅰ 問4

問題 ソフトウェア開発の遂行に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 P社は,ソーシャルネットワーキングサービス(以下,SNSという)を提供している企業である。SNS市場はユーザ数の爆発的増加を背景に,新規サービスの開発ユーザの獲得競争が激しく…

PM 25春 午後Ⅰ 問3

問題 システム開発プロジェクトの企業合併に伴う計画変更に関する次の記述を読んで,設問1〜4に答えよ。 A社は,東京を中心に,東日本を主な商圏とする中堅のアパレル企業である。A社では,業務プロセスを一新して業務効率を飛躍的に改善するための全社活動…

PM 25春 午後Ⅰ 問2

問題 プロジェクト計画の策定に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 通信事業者のC社は様々な事業分野へ進出し,急速に事業規模を拡大している。その結果,経営状況を全社横断的に把握するシステムを整備することが経営課題となっていた。そこで,経…

PM 25春 午後Ⅰ 問1

問題 設計ドキュメント管理システムの開発プロジェクトに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 K社は,大型製造装置の設計から施工・保守までを請け負うエンジニアリング企業である。K社の売上の多くは,海外の顧客によるもので占められており,建設…

PM 25春 午後Ⅱ 問3

問題 システム開発プロジェクトにおける工程の完了評価について プロジェクトマネージャ(PM)には,プロジェクトの品質,予算,納期の目標を達成するために,プロジェクトの状況を継続的に評価し,把握した問題について対策を検討し,実施することが求めら…

PM 25春 午後Ⅱ 問2

問題 システム開発プロジェクトにおけるトレードオフの解消について プロジェクトマネージャには,プロジェクトの遂行中に発生する様々な問題を解決することによって,プロジェクト目標を達成することが求められる。 プロジェクトの制約条件としては,納期,…

PM 25春 午後Ⅱ 問1

問題 システム開発業務における情報セキュリティの確保について プロジェクトマネージャ(PM)は,システム開発プロジェクトの遂行段階における情報セキュリティの確保のために,個人情報,営業や財務に関する情報などに対する情報漏えい,改ざん,不正アク…

ES H25春 午前Ⅱ 問25

アジャイルソフトウェア開発などで導入されている“ペアプログラミング”の説明はどれか。 開発工程の初期段階に要求仕様を確認するために,プログラマと利用者がペアとなり,試作した画面や帳票を見て,相談しながらプログラムの開発を行う。 効率よく開発す…

ES H25春 午前Ⅱ 問24

共通フレーム2007における妥当性確認プロセスの活動はどれか。 コードが,設計及び要求事項に対して追跡可能であり,要求事項に適合していることを確認する。 代表利用者がソフトウェア製品を使用し,意図した業務が達成できることを確認する。 ハードウェア…

ES H25春 午前Ⅱ 問23

図のような階層構造で設計及び実装した組込みシステムがある。このシステムの開発プロジェクトにおいて,ハードウェア及びデバイスドライバ層の単体テスト工程が遅延し,アプリケーション層とミドルウェア層の単体テストが先に終了した。このとき,ソフトウ…

ES H25春 午前Ⅱ 問22

JIS X 0180では,組込みシステムのソフトウェアコード品質を信頼性,保守性,移植性及び効率性の四つの品質特性に分類して作法を定めている。作法に基づいて作成した組込みシステム開発プロジェクトのコーディング規約のうち,信頼性を意識したものとして適…

ES H25春 午前Ⅱ 問21

プログラムの誤りの一つに,繰返し処理の判定条件としてA ≥ aとすべきところをA > aとコーディングすることがある。このような誤りを見つけ出すために有効なテストケース設計技法はどれか。ここでAは変数,aは定数とする。 限界値分析 条件網羅 同値分割 分…

ES H25春 午前Ⅱ 問20

論理データモデル作成におけるトップダウンアプローチ,ボトムアップアプローチに関する記述として,適切なものはどれか。 トップダウンアプローチでは,新規システムの利用者要求だけに基づいて論理データモデルを作成するので,現状業務の分析は行えない。…

ES H25春 午前Ⅱ 問19

暗号方式のうち,共通鍵暗号方式はどれか。 AES ElGamal暗号 RSA 楕円曲線暗号 // 答え ア 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキスト キーワード XXX 過去の出題 ES 2X春 午前Ⅱ 問XX

ES H25春 午前Ⅱ 問18

IPアドレスが172.20.100.52/26のときのサブネットマスクはどれか。 255.255.255.0 255.255.255.64 255.255.255.128 255.255.255.192 // 答え エ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関連情報 オンラインテキスト キーワード XXX 過去の出題 ES 2X春 午前Ⅱ 問XX

ES H25春 午前Ⅱ 問17

論理回路の出力にハザードが発生する原因として,適切なものはどれか。 インピーダンスの不整合による反射 接点オン,オフで発生する機械振動 素子及び配線の遅延時間のばらつき 並行する信号間で起こる静電誘導 // 答え ウ 解説 XXX XXX XXX XXX XXX // 関…

ES H25春 午前Ⅱ 問16

マイコンに供給するクロックとシリアル通信ポートに使用するクロックを共用するマイコンシステムがある。クロックを2n分の1に分周するだけで57.6kビット/秒の通信速度を得るためには,マイコンに供給するクロックを何MHzにするのが最も適切か。ここで,シリ…