情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

データベース

SG H30春 午前 問46

◀️ 前へ|次へ ▶️ DBMSにおいて,複数のトランザクション処理プログラムが同一データベースを同時に更新する場合,論理的な矛盾を生じさせないために用いる技法はどれか。 再編成 正規化 整合性制約 排他制御 // 答え エ 解説 再編成XXX 正規化XXX 整合性制…

SG H29秋 午前 問46

◀️ 前へ|次へ ▶️ コンピュータの能力の向上によって,限られたデータ量を分析する時代から,Volume(量),Variety(多様性),Velocity(速度)の三つのVの特徴をもつビッグデータを分析する時代となった。この時代の変化によって生じたデータ処理の変化に…

SG H29春 午前 問45

◀️ 前へ|次へ ▶️ ビッグデータの活用例として,大量のデータから統計学的手法などを用いて新たな知識(傾向やパターン)を見つけ出すプロセスはどれか。 データウェアハウス データディクショナリ データマイニング メタデータ // 答え ウ 解説 データウェ…

SG 28秋 午前 問46

◀️ 前へ|次へ ▶️ E-R図に関する記述として,適切なものはどれか。 関係データベースの表として実装することを前提に表現する。 管理の対象をエンティティ及びエンティテイ間のリレーションシップとして表現する。 データの生成から消滅に至るデータ操作を表…

データ操作

データベースの操作 関係データベースのデータの操作として,集合演算(和,差,積,直積),関係演算(選択,射影,結合,商)などを理解する。 関係代数 // データベース言語 データベース言語の種類 データベース言語は,DDL(DataDefinitionLanguage:デ…

データベース方式

データベース データベースの種類と特徴 代表的なデータベースの種類,データの表現構造,レコード間の関連付けの方法など種類ごとの特徴,与えられた要件に応じて最適なデータベースを選択し,設計に活用することを理解する。 関係データベース,構造型デー…

データベース設計

データ分析 対象業務にとって必要なデータは何か,各データがどのような意味と関連をもっているかなどの分析と整理,異音同義語,同音異義語の発生を抑えるデータ項目の標準化など,データ分析を行う際の考え方を理解する。また,データモデルの作成手法であ…

データベース応用

データベースの応用 データウェアハウス,データマート,OLAP(OnlineAnalyticalProcessing),データマイニングなど,データを分析して有効活用する技術の特徴,これらの技術が企業会計システム,在庫管理システムなどで使われていること,その応用方法を理…

トランザクション処理

排他制御 データの整合性を保つために,複数のトランザクションが同時にデータベースのデータを更新することが起こらないようにする排他制御の考え方を理解する。また,ロック方式,セマフォ方式,コミット制御の仕組みを理解する。 専有ロック,共有ロック…

SG 28春 午前 問44

◀️ 前へ|次へ ▶️ 企業の様々な活動を介して得られた大量のデータを整理・統合して蓄積しておき,意思決定支援などに利用するものはどれか。 データアドミニストレーション データウェアハウス データディクショナリ データマッピング // 答え イ 解説 XXX …