情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

システム構成要素

SG H30春 午前 問44

◀️ 前へ|次へ ▶️ 磁気ディスクの耐障害性に関する説明のうち,RAID5に該当するものはどれか。 最低でも3台の磁気ディスクが必要となるが,いずれか1台の磁気ディスクが故障しても全データを復旧することができる。 最低でも4台の磁気ディスクが必要となるが…

SG H30春 午前 問45

◀️ 前へ|次へ ▶️ PaaS型サービスモデルの特徴はどれか。 利用者は,サービスとして提供されるOSやストレージに対する設定や変更をして利用することができるが,クラウドサービス基盤を変更したり拡張したりすることはできない。 利用者は,サービスとして提…

SG H29秋 午前 問45

◀️ 前へ|次へ ▶️ システムの信頼性指標に関する記述として,適切なものはどれか。 MTBFは,システムの稼働率を示している。 MTBFをMTTRで割ると,システムの稼働時間の平均値を示している。 MTTRの逆数は,システムの故障発生率を示している。 MTTRは,シス…

SG H29春 午前 問44

◀️ 前へ|次へ ▶️ ホットスタンバイ方式を採用したシステム構成の特徴はどれか。 現用系が故障すると,現用系に対応した待機系に手動で切り替える。正常時には,待機系をバッチジョブに利用できるので,高いシステム稼働率が実現できる。 現用系が故障すると…

ES H23特 午前Ⅱ 問6

故障発生率が1.0×10-6回/秒である機器10,000台が稼働している。330時間経過後に,故障していない機器の平均台数に最も近いものはどれか。ここで,故障発生率は経過時間によらず一定で,故障した機器は修理しない。また,必要であれば,故障発生率をλ回/秒…

ES H28春 午前Ⅱ 問6

故障発生率が1.0×10-6回/秒である機器10,000台が稼働している。330時間経過後に,故障していない機器の平均台数に最も近いものはどれか。ここで,故障発生率は経過時間によらず一定で,故障した機器は修理しない。また,必要であれば,故障発生率をλ回/秒…

SG 28秋 午前 問45

◀️ 前へ|次へ ▶️ クライアントサーバシステムを構築する。Webブラウザによってクライアント処理を行う場合,専用のアプリケーションによって行う場合と比較して,最も軽減される作業はどれか。 クライアント環境の保守 データベースの構築 サーバが故障した…

システムの評価指標

システムの性能特性と評価 システムの性能指標 システムの性能を評価する際の評価項目の種類や特徴,その指標を理解する。 レスポンスタイム(応答時間),スループット,ベンチマーク,システムモニタ,TPC,SPEC(StandardPerformanceEvaluationCorporatio…

システムの構成

システムの処理形態・利用形態・適用領域 集中処理システム 集中処理システムの仕組み,特徴を理解する。 コスト性能比,保守要員の集中化 分散処理システム 分散処理システムの仕組み,特徴を理解する。 分散アーキテクチャ,管理責任,機能配分,水平機能…

SG 28春 午前 問43

◀️ 前へ|次へ ▶️ コンピュータシステムに対して問合せの終わり又は要求の終わりを指示してから,利用者端末に最初の処理結果のメッセージが出始めるまでの経過時間を何というか。 アクセスタイム サイクルタイム ターンアラウンドタイム レスポンスタイム /…