情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

2016-08-15から1日間の記事一覧

SM 25秋 午前Ⅱ 問20

問題 プロセッサの省電力技術の一つであるパワーゲーティングの説明として,適切なものはどれか。 仕事量の応じて,プロセッサへ供給する電源電圧やクロック周波数を変える。 動作していない回路ブロックへのクロック供給を停止する。 動作していない回路ブ…

SA 25秋 午前Ⅱ 問20

問題 ページング方式の仮想記憶において,主記憶への1回のアクセス時間が300ナノ秒で,主記憶アクセス100万回に1回の割合でページフォールトが発生し,ページフォールト1回当たり200ミリ秒のオーバヘッドを伴うコンピュータがある。主記憶の平均アクセス時間…

ST 25秋 午前Ⅱ 問20

問題 ファブレスの特徴を説明したものはどれか。 1人又は数人が全行程を担当する方式であり,作業内容を変えるだけで生産品目を変更でき,多品種少量生産への対応が容易である。 後工程から,部品納入の時季,数量を示した作業指示書を前工程に渡して部品供…

SM 25秋 午前Ⅱ 問19

問題 期間10日のプロジェクトを5日目の終了時にアーンドバリュー分析したところ,表のとおりであった。現在のコスト効率が今後も続く場合,完成時総コスト見積り(EAC)は何万円か。 110 120 135 150 // 答え エ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワ…

SA 25秋 午前Ⅱ 問19

問題 1台のCPUの性能を1とするとき,そのCPUをn 台用いたマルチプロセッサの性能p が, P = n / 1+(n-1)a で表されるとする。ここで,a はオーバヘッドを表す定数である。例えば,a =0.1,n =4とすると,p ≒3なので,4台のCPUからなるマルチプロセッサの性能…

ST 25秋 午前Ⅱ 問19

問題 ある期間の生産計画において,図の部品表で表わされる製品Aの需要量が10個であるとき,部品Dの正味所要量は何個か。ここで,ユニットBの在庫残が5個,部品Dの在庫残が25個あり,ほかの在庫残,仕掛残,注文残,引当残などはないものとする。 80 90 95 1…

SM 25秋 午前Ⅱ 問18

問題 システムを開発をするときの費用管理と進捗管理を同時に行うために,トレンドチャートを用いる。マイルストーンの予定の位置から実績の位置に結んだ矢印が垂直に下に向かっているときの費用と進捗に関する状況の説明として,適切なものはどれか。 進捗…

SA 25秋 午前Ⅱ 問18

問題 有機ELディスプレイの説明として,適切なものはどれか。 電圧をかけて発光素子を発光させて表示する。 電子ビームが発光体に衝突して生じる発光で表示する。 透過する光の量を制御することで表示する。 放電によって発生した紫外線で,蛍光体を発光させ…

ST 25秋 午前Ⅱ 問18

問題 特許を分析して生まれた問題解析技法であり,問題(矛盾)を創造的・発想的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 QFD TRIZ シックスシグマ 親和図法 // 答え イ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード …

SM 25秋 午前Ⅱ 問17

問題 工程別の生産性が次のとき,全体の生産性を表す式はどれか。 〔工程別の生産性〕 設計工程:Xステップ/人月 製造工程:Yステップ/人月 試験工程:Zステップ/人月 X+Y+Z X+Y+Z / 3 1/X + 1/Y + 1/Z 1 / (1/X + 1/Y + 1/Z) // 答え エ 解説 // 関連情報 …

SA 25秋 午前Ⅱ 問17

問題 事業目標達成のためのプログラムマネジメントの考え方として,適切なものはどれか。 活動全体を複数のプロジェクトの結合対と捉え,複数のプロジェクトの連携,統合,相互作用を通じて価値を高め,機能全体の戦略の実現を図る。 個々のプロジェクト管理…

ST 25秋 午前Ⅱ 問17

問題 SECIモデルにおける,内面化の説明はどれか。 新たに創造された知識を組織に広め,新たな暗黙知を習得すること 組織内の個人,小グループが有する暗黙知を形式知として明示化すること 組織内の個人,小グループで暗黙知の共有化や,新たな暗黙知を創造…

SM 25秋 午前Ⅱ 問16

問題 システムの本番移行に支障を来すリスクに対するコントロールを監査するチェックポイントはどれか。 システム運用段階で新システムの稼働状況がレビューされ,その結果についてシステム開発部門及びユーザ部門の責任者の承認が得られているか。 システム…

SA 25秋 午前Ⅱ 問16

問題 要求の分析に当たって,データとプロセス(データの作成,読取り,更新,削除)の対応関係を検証するものはどれか。 CRUDマトリックス イ ウ エ FURPS+モデル KAOS法 MoSCoW分析 // 答え ア 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題

ST 25秋 午前Ⅱ 問16

問題 企業が実施するマクロ環境分析のうち,PEST分析によって戦略を策定している事例はどれか。 購買決定者の年齢層や社会的ポジション,購買に至るプロセスの中で購買行動に影響する要因を把握し,自社の製品の市場投入方法を決定する。 自社の製品市場に参…

SM 25秋 午前Ⅱ 問15

問題 ITサービスマネジメントの情報セキュリティ管理プロセスに対して,JIS Q 20000-1が要求している事項はどれか。 潜在的な問題を低減させるために,予防措置を取らなければならない。 ディジタルの構成品目の原本を,物理的又は電子的にセキュリティが保…

SA 25秋 午前Ⅱ 問15

問題 T投資案件Xにおいて,投資効果をNPVで評価する場合の算出式はどれか。 // 答え ウ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題

ST 25秋 午前Ⅱ 問15

問題 マーケットバスケット分析を説明したものはどれか。 POSシステムで収集した販売情報から,顧客が買物をした購入商品の組合せなどを分析する。 網の目状に一定の経線と緯線で区切った地域に対して,人口,購買力など様々なデータを集計し,より細かく地…

SM 25秋 午前Ⅱ 問14

問題 ITILにおいて,可用性管理のリアクティブな活動で用いる技法はどれか。 故障樹解析 コンポーネント障害インパクト分析 サービス障害分析 単一障害点分析 // 答え ウ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題

SA 25秋 午前Ⅱ 問14

問題 BABOKでは,要求をビジネス要求,ステークホルダ要求,ソリューション要求及び移行要求の4種類に分類している。ソリューション要求の説明はどれか。 経営戦略や情報化戦略などから求められる要求であり,エンタープライズアナリシス活動で定義している…

ST 25秋 午前Ⅱ 問14

問題 計画的陳腐化を説明したものはどれか。 機能がまだ十分に使用可能な製品を,新しいデザインに変更することによって,既存製品からの移行を進めていくこと 製品の誕生から廃棄までのうち,製品のニーズがなくなることによって,売上も利益も下降線をたど…

SM 25秋 午前Ⅱ 問13

問題 サービス提供時間帯が毎日6~20時のシステムにおいて,ある月の停止時間,修復時間及びシステムメンテナンス時間は次のとおりであった。このとき,この月の可用性は何%か。ここで,1か月の稼働日数は30日,可用性(%)は小数第2位を四捨五入するものと…

SA 25秋 午前Ⅱ 問13

問題 銀行の勘定系システムなどのような特定の分野のシステムに対して,業務知識,再利用部品,ツールなどを体系的に整備し,再利用を促進することによって,ソフトウェア開発の効率向上を図る活動や手法はどれか。 コンカレントエンジニアリング ドメインエ…

ST 25秋 午前Ⅱ 問13

問題 ブランド戦力における,ブランドエクイティを説明したものはどれか。 顧客がそのブランドに対してどの程度の執着心を持っているかを示す概念であり,これが高いほど,顧客は他のブランドに乗り換えにくくなる。 顧客がブランド要素に接触したとき,企業…

SM 25秋 午前Ⅱ 問12

問題 JIS Q 20000-1におけるサービス継続及び可用性管理プロセスで行う活動はどれか。 インシデント及び問題の影響を識別し,これを最小限に抑える,又は回避するための手順を採用する。 サービス全体の可用性などの要求事項を,事業計画,SLA及びリスクを考…

SA 25秋 午前Ⅱ 問12

問題 全国に分散しているシステムの保守に関する記述のうち,適切なものはどれか。 故障発生時に遠隔保守を実施することによって駆付け時間が不要になり,MTBFは長くなる。 故障発生時に行う臨時保守によって,MTBFは長くなる。 保守センタを1か所集中から分…

ST 25秋 午前Ⅱ 問12

問題 人から人へと評判が伝わることを積極的に利用することが特徴的なマーケティング手法はどれか。 アフィリエイトマーケティング セグメント内差別マーケティング パーミッションマーケティング バイラルマーケティング // 答え エ 解説 // 関連情報 オン…

SM 25秋 午前Ⅱ 問11

問題 ITILサービスマネジメントにおける,サービスレベル管理プロセスの活動はどれか。 ITサービスの提供に必要な予算に対して,適切な資金を確保する。 現在のリソースの調整と最適化,及び将来のリソース要件に関する予測を記載した計画を作成する。 災害…

SA 25秋 午前Ⅱ 問11

問題 図は,テスト項目消化件数Xにおいて,目標のバグ累積件数に到達したことを示す。この図の状況の説明として,適切なものはどれか。 テスト工程が順調に終了したことを示す。 テスト前段階での机上チェックやシミュレーションが十分されていることを示す…

ST 25秋 午前Ⅱ 問11

問題 観測データを類似性によって集団や群に分類し,その特徴となる要因を分析する手法はどれか。 クラスタ分析法 指数平滑法 デルファイ法 モンテカルロ法 // 答え ア 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題