情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

エンジニアリングシステム

エンジニアリングシステムの目的と考え方

開発,設計などに情報技術を利用する目的と考え方を理解する。

生産の自動制御

生産工程の自動制御の仕組みと機能,生産自動化によるコスト削減や危険作業の機械化などの利点,生産自動化の要素技術,動向などを理解する。

生産方式,生産ラインの編成,生産形態,個別生産,ロット生産,連続生産,受注生産,見込み生産,ニーズの多様化,多品種少量生産,JIT(JustInTime:ジャストインタイム),NC(NumericalControl:数値制御),自動監視装置,無人搬送車,自動倉庫,産業用ロボット,ファブレス

 

生産システム

生産システムのモデルと生産管理のフェーズ,及び生産管理システムの目的を理解する。また,FA(FactoryAutomation:ファクトリーオートメーション)システムは生産工程の自動化を図るシステムであり,設計段階から組立,検査,出荷,在庫管理などの工程において合理化を図るために,生産管理システム,生産計画を支援するツールなどを取り入れ,装置制御から工場管理まで効率的な自動化を実現することを理解する。

品質管理,工程管理,日程管理,在庫管理,設計管理,積算支援,調達管理,原価管理,利益管理,戦略管理,変化のマネジメント,CAP(ComputerAidedPlanning),CAPP(ComputerAidedProcessPlanning),MRP,FMS(FlexibleManufacturingSystem),FMC(FlexibleManufacturingCell),生産性指標

コンピュータ支援システム

コンピュータを使用した解析,設計,開発などを行うコンピュータ支援システム,生産性を向上させるためにプロジェクトの計画や管理を支援するシステム,生産や物流,販売の商品供給・流通を統合的に管理するシステムを理解する。

CAD,CAM,CAE(ComputerAidedEngineering),PDM(ProductDataManagement),PMS(ProjectManagementSystem),CIM

 

関連書籍

 

過去問題

基本情報技術者

応用情報技術者

ITストラテジスト