情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

データベース設計

データ分析

対象業務にとって必要なデータは何か,各データがどのような意味と関連をもっているかなどの分析と整理,異音同義語,同音異義語の発生を抑えるデータ項目の標準化など,データ分析を行う際の考え方を理解する。また,データモデルの作成手法であるトップダウンアプローチとボトムアップアプローチを理解する。

データ重複の排除,メタデータ,データディクショナリ

データベースの設計

データベース開発工程

開発計画立案,外部設計,内部設計,プログラム作成,テスト,移行に至るまでのデータベース開発の工程と手順,手法を理解する。

システム分析,要求定義,企業データモデル,データモデル,概念データモデル,論理データモデル,物理データモデル,副次索引,分割法,DOA(DataOrientedApproach:データ中心アプローチ)

データベースの概念設計

概念設計では,要求定義で定義されたデータ項目と,システム機能設計の際に発生したデータ項目をまとめ,データ項目全体を設計することを理解する。また,DBMSに依存しないデータの関連を表現する手法として,E-R図を使用した構成要素,属性,関連の表し方,特徴,カーディナリティ(1対1,1対多,多対多)などを理解する。

バックマン線図,エンティティ,アトリビュート,リレーションシップ

データベースの論理設計

データの重複や矛盾が発生しないテーブル(表)設計の考え方,主キー,外部キーなどの概念,参照制約,一貫性制約などの制約を理解する。また,ユーザビューの機能と定義を理解する。

配置モード,親子集合順序,親子集合,索引,フィールド(項目),レコード,ファイル,NULL,一意性制約

データの正規化

正規化の目的と手順,第1正規化,第2正規化,第3正規化などを理解する。また,正規化の考え方に従った,具体的な設計案に対して更新容易性や性能面などから評価し,最適な設計を行うことを理解する。

完全関数従属,部分関数従属,推移関数従属

 

データベースのパフォーマンス設計

処理の高速化のためにあえて正規化を行わず,表の結合にかかる時間を短縮するなど,パフォーマンスを考慮したデータベース設計の考え方を理解する。

非正規化

データベースの物理設計

データベースの物理設計では,アクセス効率,記憶効率の側面からデータベースの最適化を図ることを理解する。また,磁気ディスク上に記憶される形式や論理データ構造の物理デタ構造へのマッピングなど,データベースの物理的構造を設計する際の留意事項を理解する。

ディスク容量見積り,論理データ構造のマッピング,ファイル編成,最適ブロック設計,物理入出力,性能評価,コンプレッション,デコンプレッション,性能改善ポイント

データベースの作成手順

データベース環境の準備,入力データの準備,データベースの定義,データの登録,データベースの検証などの一連のデータベースの作成手順を理解する。

データベース定義情報,レコード形式,親子関係,キー順,存在制約,インバーテッドファイル

データベースの評価・運用

データベースの性能評価方法を理解し,評価結果によってはチューニングや再編成などの対応策が必要であることを理解する。

データベースの運用・保守

オブジェクト指向データベース

オブジェクト指向データベースが開発された背景を理解し,複雑なデータ構造をもつデータの保存などに利用されていることを理解する。

オブジェクト指向データモデル,複合オブジェクト,XMLデータベース,オブジェクト識別性,O/Rマッピング

 

関連書籍

 

過去問題

基本情報技術者

応用情報技術者

データベーススペシャリスト