情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H30春 午前 問34

◀️ 前へ次へ ▶️

 A社が著作権を保有しているプログラムで実現している機能と,B社のプログラムが同じ機能をもつとき,A社に対するB社の著作権侵害に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. A社のソースコードを無断で使用して,同じソースコードの記述で機能を実現しても,A社公表後1年未満にB社がプログラムを公表すれば,著作権侵害とならない。
  2. A社のソースコードを無断で使用して,同じソースコードの記述で機能を実現しても,プログラム名称を別名称にすれば,著作権侵害とならない。
  3. A社のソースコードを無断で使用していると,著作権の存続期間内は,著作権侵害となる。
  4. 同じ機能を実現しているのであれば,ソースコードの記述によらず,著作権侵害となる。

 

答え

      ウ

解説

  1. A社のソースコードを無断で使用して,同じソースコードの記述で機能を実現しても,A社公表後1年未満にB社がプログラムを公表すれば,著作権侵害とならない。
    XXX
  2. A社のソースコードを無断で使用して,同じソースコードの記述で機能を実現しても,プログラム名称を別名称にすれば,著作権侵害とならない。
    XXX
  3. A社のソースコードを無断で使用していると,著作権の存続期間内は,著作権侵害となる。
    適切です。
  4. 同じ機能を実現しているのであれば,ソースコードの記述によらず,著作権侵害となる。
    XXX