情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H30春 午前 問16

◀️ 前へ次へ ▶️

 ワームの検知方式の一つとして,検査対象のファイルからSHA-256を使ってハッシュ値を求め,既知のワーム検体ファイルのハッシュ値のデータベースと照合する方式がある。この方式によって,検知できるものはどれか。

  1. ワーム検体と同一のワーム
  2. ワーム検体と特徴あるコード列が同じワーム
  3. ワーム検体とファイルサイズが同じワーム
  4. ワーム検体の亜種に該当するワーム

 

答え

      ア

解説

  1. ワーム検体と同一のワーム
    正しいです。
  2. ワーム検体と特徴あるコード列が同じワーム
    XXX
  3. ワーム検体とファイルサイズが同じワーム
    XXX
  4. ワーム検体の亜種に該当するワーム
    XXX