情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29春 午前 問45

◀️ 前へ次へ ▶️

 ビッグデータの活用例として,大量のデータから統計学的手法などを用いて新たな知識(傾向やパターン)を見つけ出すプロセスはどれか。

  1. データウェアハウス
  2. データディクショナリ
  3. データマイニング
  4. メタデータ

 

答え

      ウ

解説

  1. データウェアハウス
    複数システムから、必要なデータを収集し、目的別に再構成して時系列に蓄積した統合データベースのことです。
  2. データディクショナリ
    データ項目の名前や意味などを管理するデータのことです。
  3. データマイニング
    正しいです。
  4. メタデータ
    データの定義情報を表すデータのことです。