情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29春 午前 問33

◀️ 前へ次へ ▶️

 不正競争防止法で保護されるものはどれか。

  1. 特許権を取得した発明
  2. 頒布されている自社独自のシステム開発手順書
  3. 秘密として管理していない,自社システムを開発するための重要な設計書
  4. 秘密として管理している,事業活動用の非公開の顧客名簿

 

答え

      エ

解説

 不正競争防止法では、営業秘密が保護されます。
 営業秘密とは、以下の三つの要件を満たす情報を指します。

  • 秘密として管理されていること
  • 事業活動に有益な技術上又は営業上の情報であること
  • 公然と知られていないこと
  1. 特許権を取得した発明
    特許法で保護されます。
  2. 頒布されている自社独自のシステム開発手順書
    公然と知られている情報は保護されません。
  3. 秘密として管理していない,自社システムを開発するための重要な設計書
    秘密として管理されていなければ保護されません。
  4. 秘密として管理している,事業活動用の非公開の顧客名簿
    正しいです。