情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29春 午前 問6

◀️ 前へ次へ ▶️

 JIS Q 31000:2010(リスクマネジメント-原則及び指針)において,リスクマネジメントは,“リスクについて組織を指揮統制するための調整された活動”と定義されている。そのプロセスを構成する活動の実行順序として,適切なものはどれか。

  1. リスク特定→リスク対応→リスク分析→リスク評価
  2. リスク特定→リスク分析→リスク評価→リスク対応
  3. リスク評価→リスク特定→リスク分析→リスク対応
  4. リスク評価→リスク分析→リスク特定→リスク対応

 

答え

      イ

解説

 リスクマネジメントのプロセスを構成する活動の実行順序は、次の通りになります。

  1. リスクの特定
  2. リスクの分析
  3. リスクの評価
  4. リスクの対応
  1. リスク特定→リスク対応→リスク分析→リスク評価
    リスク対応は最後です。
  2. リスク特定→リスク分析→リスク評価→リスク対応
    正しいです。
  3. リスク評価→リスク特定→リスク分析→リスク対応
    リスク特定される前に評価はできません。
  4. リスク評価→リスク分析→リスク特定→リスク対応
    リスク分析される前に評価はできません。