情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29春 午前 問5

◀️ 前へ次へ ▶️

 JIS Q 31000:2010(リスクマネジメント-原則及び指針)において,リスクマネジメントを効果的なものにするために,組織が順守することが望ましいこととして挙げられている原則はどれか。

  1. リスクマネジメントは,静的であり,変化が生じたときに終了する。
  2. リスクマネジメントは,組織に合わせて作られる。
  3. リスクマネジメントは,組織の主要なプロセスから分離した単独の活動である。
  4. リスクマネジメントは,リスクが顕在化した場合を対象とする。

 

答え

      イ

解説

  1. リスクマネジメントは,静的であり,変化が生じたときに終了する。
    リスクマネジメントは、変化に対応する必要があり、動的です。
  2. リスクマネジメントは,組織に合わせて作られる。
    正しいです。
  3. リスクマネジメントは,組織の主要なプロセスから分離した単独の活動である。
    組織のプロセスと統合した活動です。
  4. リスクマネジメントは,リスクが顕在化した場合を対象とする。
    リスクが顕在化する前までが対象です。