情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29秋 午前 問47

◀️ 前へ次へ ▶️

 IPv4において,インターネット接続用ルータのNAT機能の説明として,適切なものはどれか。

  1. インターネットへのアクセスをキャッシュしておくことによって,その後に同じIPアドレスのWebサイトへアクセスする場合,表示を高速化できる機能である。
  2. 通信中のIPパケットを検査して,インターネットからの攻撃や侵入を検知する機能である。
  3. 特定の端末宛てのIPパケットだけを通過させる機能である。
  4. プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換する機能である。

 

答え

      エ

解説

 XXX

  1. インターネットへのアクセスをキャッシュしておくことによって,その後に同じIPアドレスのWebサイトへアクセスする場合,表示を高速化できる機能である。
    XXX
  2. 通信中のIPパケットを検査して,インターネットからの攻撃や侵入を検知する機能である。
    XXX
  3. 特定の端末宛てのIPパケットだけを通過させる機能である。
    XXX
  4. プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを相互に変換する機能である。
    適切です。