情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29秋 午前 問46

◀️ 前へ次へ ▶️

 コンピュータの能力の向上によって,限られたデータ量を分析する時代から,Volume(量),Variety(多様性),Velocity(速度)の三つのVの特徴をもつビッグデータを分析する時代となった。この時代の変化によって生じたデータ処理の変化について記述しているものはどれか。

  1. コストとスピードを犠牲にしても,原因と結果の関係に力を注ぐようになった。
  2. ビッグデータ中から対象データを無作為抽出することによって予測精度を高めるようになった。
  3. 分析対象のデータの精度を高めるクレンジングに力を注ぐようになった。
  4. 膨大なデータを処理することで,パターンを発見することに力を注ぐようになった。

 

答え

      エ

解説

 XXX

  1. コストとスピードを犠牲にしても,原因と結果の関係に力を注ぐようになった。
    XXX
  2. ビッグデータ中から対象データを無作為抽出することによって予測精度を高めるようになった。
    XXX
  3. 分析対象のデータの精度を高めるクレンジングに力を注ぐようになった。
    XXX
  4. 膨大なデータを処理することで,パターンを発見することに力を注ぐようになった。
    正しいです。