情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

SG H29秋 午前 問36

◀️ 前へ次へ ▶️

 大規模なシステム開発を受注したA社では,不足する開発要員を派遣事業者であるB社からの労働者派遣によって補うことにした。A社の行為のうち,労働者派遣法に照らして適切なものはどれか。

  1. システム開発が長期間となることが予想されるので,開発要員の派遣期間を3年とする契約を結ぶ。
  2. 派遣候補者の履歴書及び業務経歴書の提出をB社に求め,書類選考を行い,面接対象者を絞り込む。
  3. 派遣された要員が大きな作業負担を負うことが見込まれるので,B社に20代男性の派遣を依頼する。
  4. 派遣労働者がA社の指揮命令に対して申し立てた苦情に自社で対応せず,その処理をB社に任せる。

 

答え

      ア

解説

 XXX

  1. システム開発が長期間となることが予想されるので,開発要員の派遣期間を3年とする契約を結ぶ。
    適切です。
  2. 派遣候補者の履歴書及び業務経歴書の提出をB社に求め,書類選考を行い,面接対象者を絞り込む。
    XXX
  3. 派遣された要員が大きな作業負担を負うことが見込まれるので,B社に20代男性の派遣を依頼する。
    XXX
  4. 派遣労働者がA社の指揮命令に対して申し立てた苦情に自社で対応せず,その処理をB社に任せる。
    XXX