情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

PM 24春 午後Ⅰ 問3 設問4

問題

〔EVMの実施〕
 プロジェクトが開始され設計工程の中盤に差し掛かっている。
 設計工程において,M課長は,週次でEVMのレポートを確認し,詳細な内容を把握するために,定例のミーティングを継続して行っている。設計工程は,基本設計と詳細設計に大別され,これまでに基本設計は計画どおりに完了している。詳細設計以降の作業は,帳票チーム,内部処理チーム,データベースチーム(以下,DBチームという)に分けて行っている。各チームの成果物の整合性については,全チームリーダの参加する定例ミーティングの場で,必要に応じて確認している。詳細設計が開始され,第1週の進捗を確認するための定例ミーティングで,M課長はプロジェクト全体のSPI(Schedule Performance Index),CPI(Cost Performance Index)が悪化している状況を把握し,各チームの状況を詳しくヒアリングした。その結果は次のとおりであった。

  • 帳票チーム:あるWPについて,第1週から参加予定の要員が着任できず着 手が遅れていた。翌週に着任し,作業を開始している。同じ単価のサポート要員を一時的に追加することで,WPは予定どおりに完了し,総時間も予定範囲内に収まる見込みである。
  • 内部処理チーム:要員は予定どおり参加し,タスクも予定どおり完了しており,問題は発生していない。
  • DBチーム:あるWPについて,要員は予定どおり参加し,設計作業は予定どおり進み,完了判定基準を満たしている。ただし,第1週のタスクの完了を確認する第三者が病気で休んでしまい,確認が終了していないため,タスクは完了していない。

 なお,各チームとも,その他のWPについては,第1週で完了予定のタスクは全て完了しており,第1週末で仕掛り中のタスクはなかった。
 M課長は,このヒアリングの結果を受け,第1週におけるプロジェクト全体のSPI,CPIが悪化している原因を理解した。また,M課長は,今後のチーム運営については,次の観点から個別に指示を出した。

  • 帳票チーム:作業時間管理の観点
  • DBチーム:タスク進捗面の対応策の観点

設問4

〔EVMの実施〕について,⑴,⑵に答えよ。

M課長が,ヒアリングを実施して把握した各チームの状況において,第1週におけるプロジェクト全体のSPI,CPIが悪化している原因となっているチームはどれか。SPI,CPIごとにそれぞれチーム名を全て答えよ。

M課長が,今後のチーム運営について出した個別の指示とは何か。帳票チーム,DBチームごとにそれぞれ25字以内で述べよ。

 

解答例・解説

設問4

SPI
帳票チーム,DB チーム
CPI
DB チーム

XXX

帳票チーム
総時間が予定範囲を超えないようにする。
DB チーム
遅れの影響を調査しリカバリプランを策定する。

XXX