情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H29秋 午前Ⅱ 問2

◀️ 前へ次へ ▶️

 180 台の電話機のトラフィックを調べたところ,電話機 1 台当たりの呼の発生頻度(発着呼の合計)は 3 分に 1 回,平均回線保留時間は 80 秒であった。このときの呼量は何アーランか。

  1. 4
  2. 12
  3. 45
  4. 80

 

答え

      エ

解説

 アーラン(erl)とは,音声電話のトラフィック量(呼量)に関する単位の一つで,単位時間当たりに “どれだけ電話を使っていたか” を表します。
 具体的には,単位時間当たり 1 本の回線を 100% 使用する場合,1 アーランになります。

 設問のケースでは,180 台の電話機がそれぞれ 3 分に 1 回 80 秒 の通話をしますので,
  80 秒 / 180秒 × 180 台 = 80 erl
となります。

過去の出題