情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ次へ ▶️

 WAN回線の冗長化設計に関する次の記述を読んで,設問1〜5に答えよ。

 Y社は,従業員400名の医療機器販売会社で,東京本社の他に名古屋,大阪,福岡に営業所がある。本社と営業所間は,広域イーサネットサービス網(以下,広域イーサ網という)で接続されている。本社で各種のサーバを運用し,営業所は,広域イーサ網経由でサーバにアクセスしている。また,本社及び営業所からのインターネットアクセスは,本社のプロキシサーバ経由で行っている。現在のY社のネットワーク構成を図1に示す。

f:id:honmurapeo:20180512235035p:plain

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

f:id:honmurapeo:20180512235046p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235057p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235107p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235116p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235129p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235144p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235153p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235203p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235215p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235227p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235239p:plain

 XXX

  a  

  ア  

たい

 XXX

 XXX

設問1

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)本文中及び表中の   ア    オ   に入れる適切な字句を答えよ。
 

アの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

イの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

ウの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

エの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

オの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問2

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問3

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問4

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

IPA講評

出題趣旨

 拠点間をインターネット VPN 又は広域イーサネットサービス網(以下, 広域イーサ網という)で接続している企業は多い。企業活動が IT によって成り立っている現在, システムの可用性向上は,どの企業においても重要な課題の一つである。
 このような状況を基に,本問では,広域イーサ網とインターネット VPN によって, WAN 回線を冗長化する事例を取り上げた。冗長化に当たって,広域イーサ網とインターネット VPN の間でトラフィックを分散させ て, WAN 回線を有効に活用することを要件とした。この要件を満たす方策として,2種類の WAN 回線の間で OSPF を稼働させる方法を解説した。
 本問では,多くの企業のネットワークに利用されている IPsec, トンネリング及び OSPF を題材に, ネットワークの設計,構築,運用に携わる受験者が修得した技術と経験が,実務で活用できる水準かどうかを問う。

採点講評

 問2では, WAN 回線の冗長化をテーマに, 拠点間を広域イーサ網とインターネット VPN によって冗長化する事例を取り上げた。その中で, IPsec だけでなく, L2TP, GRE 及び GRE over IPsec などのトンネリング技術 についても問うた。
 設問1では,アとイが, 踏み込んだ内容を問う設問だったことからか, 正答率は低かった。
 設問2では, IPsec 関連技術を問うた。(1)の正答率は高かったが, (2)の正答率が低かった。IKE フェーズ1 とフェーズ2では,それぞれ認証方式の交渉が行われるが, フェーズ2で交渉される認証方式は, IPsec 通信で送受信されるデータの完全性を認証するためのものであることを,表の内容と本文の記述から導き出してほし かった。
 設問3では, L2TP と GRE について問うたが, (3)の正答率が低かった。図で示した通信手順とパケット形式 を基にじっくり考えれば,正答を導き出せたはずである。
 設問4では, GRE パケットを IPsec でカプセル化する方法について問うた。ネットワークスペシャリスト試 験の午後では初めての出題分野であったが,正答率は高かった。
 設問5は,ネットワーク技術者の主要な業務に直結した設問であったことからか, (3), (4)及び(6)の“え”を除き正答率は高かった。(3)は, VRRP の動作を基に考えれば,正答が導けたはずである。(4)は, VRRP のマス タルータの状態と経路テーブルの変化後の内容を基に, サーバ宛てのパケットが転送される経路について考え る設問だったが, 機器間の接続が切断されることによる経路テーブルの変化内容が理解できていない解答が散見された。動的経路制御はネットワークの基盤となる技術なので,是非とも基本技術は習得してほしい。(6)の“う”の解答からは,インターネット VPNの設定についての本文の記述を見落とした受験者が多かったことが うかがえた

次へ ▶️