情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ次へ ▶️

 ネットワークシステムの拡張に関する次の記述を読んで,設問1〜5に答えよ。

 工務店のA社は,全国規模で住宅や店舗の施工を請け負っている。施主への情報提供に力を入れており,次の三つの機能をもつ情報システムを稼働させている。

  • 施工情報管理:外出先又は社内にいるA社の社員や施主が,タブレット端末やPCで動作する,Webブラウザを使って,A社データセンタのWebサーバが管理する施工情報にHTTPSプロトコルでアクセスする(以下,Webブラウザと,Webブラウザが動作しているタブレット端末やPCを,どちらもブラウザという)。
  • コールセンタ:施主からの問合せ電話を,データセンタのIP-PBXを使って,A社コールセンタのオペレータが受け付け,必要に応じて営業部や技術部へ転送する。
  • インターネットアクセス:A社の社員が,社内からブラウザを使ってインターネットにアクセスする。

 A社の現行情報システムの概要を図1に示す。

f:id:honmurapeo:20180512234902p:plain

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

f:id:honmurapeo:20180512234912p:plain

f:id:honmurapeo:20180512234923p:plain

f:id:honmurapeo:20180512234934p:plain

f:id:honmurapeo:20180512234944p:plain

f:id:honmurapeo:20180512234953p:plain

f:id:honmurapeo:20180512235004p:plain

 XXX

  a  

  ア  

たい

 XXX

 XXX

設問1

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)本文中及び表中の   ア    オ   に入れる適切な字句を答えよ。
 

アの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

イの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

ウの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

エの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

オの解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問2

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問3

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問4

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

IPA講評

出題趣旨

 Web コンピューティングに関する様々な技術が,開発され実用化されている。利用者が直接使う機器の多くには Web ブラウザが標準搭載されているので, ホームページアクセス以外の多様な用途にも使えるよう,機能強化や標準化が進められている。 本問では, Web コンピューティングにおけるリアルタイム通信を題材に,ネットワーク技術の応用力を問う。
 WebRTC (Web Real-Time Communication)の特徴の一つは, Web ブラウザを使って, シグナリングとリアルタイム通信を実現できることである。これを通信プロトコルとして見た場合, 応用される通信の特性が同じ SIP (Session Initiation Protocol)と共通点が多い。比較的新しい技術である WebRTC を,従来技術の知識を基に理解すること,そして,それを実システムの拡張計画へ応用することを中心に出題している。

採点講評

 問1では,ネットワークシステムの拡張を題材に, NAT, マルチホーミング, WebRTC (Web Real-Time Communication), SIP などの技術を扱った。前半の技術検討では, 比較的限定された範囲での基本的事項に関して出題したが,後半は全体を理解し考察しなければならない問題も含めた。これらの問題群を,初見,かつ,短時間で解答するのは大変だったかもしれないが,全体として,よく理解されていた。
 設問2では, マルチホーミングの一手法について問うた。(2)は基本的な問題だが, IP 層と TCP 層の動作を勘違いしたり,技術的に不正確だったりする解答が散見された。正確で簡潔な記述を心掛けてほしい。
 設問3は, WebRTC に関する設問で, Web ブラウザを使ったリアルタイム通信について問うている。(1) , (2)は,知識がなくても本文の記述から解答できるが, (3), (4)はマルチホーミング環境での WebRTC 利用といた。正答に至らなかった受験者は, 解答例を参考に復習してほしい。 また, WebRTC のような比較的新しい Web コンピューティング技術についても理解を深めてほしい。
 設問4は, WebRTC と SIP を組み合わせた設問である。(1)を除き正答率は高かった。(1)は Websocket の知識 を求めるものではなく,図6や HTTP の一般知識からの推論を期待した設問であるが, SIP そのものに引きず られた誤答が多かった。WebRTC と SIP はシグナリングとリアルタイム通信のための通信プロトコルという点で類似性がある。これらに馴染みのない受験者には,これを機会に復習することを薦めたい。
 設問5 では,これまでの検討内容を移行計画という軸から再確認している。設計と運用の両面から考える必 要があるが, 一つ一つはそれほど難しくはない。その中で,設計に関する (2), (7)及び運用に関する(5), (6)の 正答率が低く, 時間切れと思われる誤答が多かった。限られた時間で,全問に気配りすることは簡単ではない が,本間程度の量と深さには十分対応できるよう, 日頃の学習や実業務での実践を積んでほしい。