情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H28秋 午前Ⅱ 問21

◀️ 前へ次へ ▶️

 無線 LAN のアクセスポイントがもつプライバシセパレータ機能(アクセスポイントアイソレーション)の説明はどれか。

  1. アクセスポイントの識別子を知っている利用者だけに機器の接続を許可する。
  2. 同じ無線LANのアクセスポイントに接続している機器同士の直接通信を禁止する。
  3. 事前に登録された MAC アドレスをもつ機器だけに無線 LAN への接続を許可する。
  4. 建物外への無線 LAN 電波の漏れを防ぐことによって第三者による盗聴を防止する。

 

答え

      イ

解説

 プライバシーセパレータは、無線 LAN アクセスポイント等の機能で、その装置に同時に接続されている別のコンピュータへの接続を禁止する機能です。

  1. アクセスポイントの識別子を知っている利用者だけに機器の接続を許可する。
    XXX
  2. 同じ無線LANのアクセスポイントに接続している機器同士の直接通信を禁止する。
    XXX
  3. 事前に登録された MAC アドレスをもつ機器だけに無線 LAN への接続を許可する。
    XXX
  4. 建物外への無線 LAN 電波の漏れを防ぐことによって第三者による盗聴を防止する。
    XXX

過去の出題

  • なし