情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H27秋 午前Ⅱ 問23

◀️ 前へ次へ ▶️

 マルチプロセッサによる並列処理において,1 プロセッサのときに対する性能向上比はアムダールの法則で説明することができる。性能向上比に関する記述のうち,適切なものはどれか。

f:id:honmurapeo:20160810164903p:plain

  1. プロセッサ数が一定の場合,性能向上比は並列化可能部の割合に比例する。
  2. プロセッサ数を増やした場合,性能向上比は並列化可能部の割合に反比例する。
  3. 並列化可能部の割合が 0.5 の場合は,プロセッサ数をいくら増やしても性能向上比が 2 を超えることはない。
  4. 並列化可能部の割合が最低 0.9 以上であれば,性能向上比はプロセッサ数の半分以上の値となる。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. プロセッサ数が一定の場合,性能向上比は並列化可能部の割合に比例する。
    XXX
  2. プロセッサ数を増やした場合,性能向上比は並列化可能部の割合に反比例する。
    XXX
  3. 並列化可能部の割合が 0.5 の場合は,プロセッサ数をいくら増やしても性能向上比が 2 を超えることはない。
    XXX
  4. 並列化可能部の割合が最低 0.9 以上であれば,性能向上比はプロセッサ数の半分以上の値となる。
    XXX

過去の出題

  • なし