情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H27秋 午前Ⅱ 問16

◀️ 前へ次へ ▶️

 送信者 A が,受信者 B と共有している鍵を用いて,メッセージからメッセージ認証符号を生成し,そのメッセージ認証符号とメッセージを受信者 B に送信する。このとき,メッセージとメッセージ認証符号を用いて,受信者 B ができることはどれか。

  1. 通信路上でのメッセージの伝送誤りを訂正できる
  2. 通信路上でのメッセージの複製の有無を検知できる。
  3. メッセージの改ざんがないことを判定できる。
  4. メッセージの盗聴の有無を検知できる。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. 通信路上でのメッセージの伝送誤りを訂正できる
    XXX
  2. 通信路上でのメッセージの複製の有無を検知できる。
    XXX
  3. メッセージの改ざんがないことを判定できる。
    XXX
  4. メッセージの盗聴の有無を検知できる。
    XXX

過去の出題

  • なし