情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H26秋 午前Ⅱ 問12

◀️ 前へ次へ ▶️

 RSVP の説明として,適切なものはどれか。

  1. QoS を実現するために,IP パケットに優先度情報を付加することによって,インターネットを流れるトラフィックを制御する。
  2. オーディオ情報・ビジュアル情報などの連続した情報の発生源を遠隔制御する。
  3. シーケンス番号とタイムスタンプを付加することによって,リアルタイム情報を伝送するパケット間の時間差を保証する。
  4. ネットワーク資源の予約を行い,ノード間のマルチメディア情報などのリアルタイム通信を実現する。

 

答え

      エ

解説

 XXX

  1. QoS を実現するために,IP パケットに優先度情報を付加することによって,インターネットを流れるトラフィックを制御する。
    XXX
  2. オーディオ情報・ビジュアル情報などの連続した情報の発生源を遠隔制御する。
    XXX
  3. シーケンス番号とタイムスタンプを付加することによって,リアルタイム情報を伝送するパケット間の時間差を保証する。
    XXX
  4. ネットワーク資源の予約を行い,ノード間のマルチメディア情報などのリアルタイム通信を実現する。
    XXX

過去の出題

  • なし