情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H26秋 午前Ⅱ 問5

◀️ 前へ次へ ▶️

 スパニングツリープロトコルに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. OSI 基本参照モデルにおけるネットワーク層のプロトコルである。
  2. ブリッジ間に複数経路がある場合,同時にフレーム転送することを可能にするプロトコルである。
  3. ブロードキャストフレームを,ブリッジ間で転送しない利点がある。
  4. ルートブリッジの決定には,ブリッジの優先順位と MAC アドレスが使用される。

 

答え

      エ

解説

 スパニングツリープロトコル(STP)は,レイヤ 2 の冗長化のためのプロトコルであり,ネットワーク機器がループを検知するときや障害時の迂回ルートを決定するときなどに,ネットワーク機器間の通信に使用されます。

  1. OSI 基本参照モデルにおけるネットワーク層のプロトコルである。
    スパニングツリープロトコルは,データリンク層のプロトコルです。
  2. ブリッジ間に複数経路がある場合,同時にフレーム転送することを可能にするプロトコルである。
    リンクアグリゲーションに関する記述です。
  3. ブロードキャストフレームを,ブリッジ間で転送しない利点がある。
    スパニングツリープロトコルでも,ブロードキャストフレームは転送されます
  4. ルートブリッジの決定には,ブリッジの優先順位と MAC アドレスが使用される。
    正しいです。スパニングツリープロトコルに関する記述です。

過去の出題