情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H25秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ次へ ▶️

 開発システムの再構築に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 IT関連会社のF社とG社は,両社の強みを生かして合併することになった。両社とも,複数の開発部門で各種の製品やシステムを開発している。開発のため,各開発部門は,独自に開発・評価用システム(以下,開発システムという)を構築している。
 その結果,全社的に見て,サーバ,ストレージ及びネットワークを十分に有効活用できていなかった。
 そこで,F社とG社では,合併を機に,情報システム部門が開発システムを一括管理し,利用者である開発部門にITプラットフォームを提供するという形態の新システムに移行することになった。新システムへの移行に伴い,情報システム部門のK主任とT君は,新システムを実現する基盤ネットワークの構築担当になった。

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

f:id:honmurapeo:20180509200109p:plain

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

f:id:honmurapeo:20180509200158p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200215p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200224p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200236p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200249p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200302p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200313p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200326p:plain

f:id:honmurapeo:20180509200336p:plain

 XXX

  a  

  ア  

たい

 XXX

 XXX

設問1

 〔XXX〕について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)XXXXXXx
 

aの解答例・解説
解答例

 SDN 又は Software Defined Network(ing)

解説

 XXXXXXXX

bの解答例・解説
解答例

 ブリッジ又は レイヤ2スイッチ

解説

 XXXXXXXX

cの解答例・解説
解答例

 ルータ 又は レイヤ3スイッチ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)本文中及び表中の   ア    イ   に入れる適切な字句を答えよ。
 

アの解答例・解説
解答例

 接続用トンネルを終端 又は カプセル化用ヘッダを追加・削除

解説

 XXXXXXXX

イの解答例・解説
解答例

 中継路でのフラグメンテーション発生

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 最短経路以外の経路が利用できること

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問2

 〔XXX〕について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)XXX
 

f:id:honmurapeo:20180509200348p:plain

解答例・解説
解答例

f:id:honmurapeo:20180509194124p:plain

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 別テナントネットワークの PC4 の MAC アドレスを PC7 のものとして PC1 が登録し てしまう。

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 別テナントネットワークの PC1 の MAC アドレスを PC2のものとして PC4 が登録し てしまう。

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問3

 〔XXX〕について,(1)〜(6)に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 登録されていない送信元 MAC アドレスのパケットを破棄させる。

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 EAP フレームの透過転送機能

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

セキュリティ問題の解答例・解説
解答例

 1 台の PC が認証されると,後続の PC は認証なしで接続できる。

解説

 XXXXXXXX

OF 方式で考えられる対処方法の解答例・解説
解答例

 認証された PC の MAC アドレスを f-TBL に反映させ,転送を許可する。

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 OFC

解説

 XXXXXXXX

 

(5)XXX
 

解答例・解説
解答例

 中継 SW 経由だと PC 接続ポートがリンクアップしても,認証スイッチでは検出 できないから

解説

 XXXXXXXX

 

(6)XXX
 

(D)の解答例・解説
解答例

 DHCPDISCOVER 用ブロードキャストフレームを入力ポート以外のポートへ送出する。

解説

 XXXXXXXX

(E)の解答例・解説
解答例

 入力された PC 宛てユニキャストフレームを OFS1 の PC 側ポートから送出するようf-TBL を設定する。

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問4

 〔XXX〕について,(1)〜()に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

解答例・解説
解答例

 ああああ

解説

 XXXXXXXX

 

 

IPA講評

出題趣旨

 IT 資産の有効活用や一元管理などのために,情報システムが IT 資産を管理し,利用部門に貸し出す形の社内クラウドといったシステム構築形態が出てきている。このようなシステムの構築には,サーバ,ストレージ の仮想化に加え,運用性を考慮したより高度なネットワークの仮想化が必要になってくる。 本問では,二つの会社の合併を機に,それまで各利用部門に任せられていた既存開発システムを,できるだけ変更を加えることなく上記の社内クラウドに移行したいという開発システムの再構築を例に,次の内容を問う。(1)従来ネットワークの基本技術をベースにした OpenFlow や VXLAN などの SDN と呼ばれる新しいネットワ ーク仮想化技術の考え方や特徴の理解。(2)社内利用部門ごとに提供されるテナントネットワークの新技術による実現に向けての課題の認識。(3)ネットワーク接続認証に対する,従来技術の理解に基づく新技術との融 合方法。

採点講評

 問 2 では,開発システムの再構築を例に,新しいネットワーク仮想化技術を使った社内クラウドシステムの構築について出題した。 出題に当たって,本文中の OF 方式は OpenFlow 方式をベースとしたが,新技術の考え方の理解力を問うことにし,新技術そのものに関する前提知識は極力必要のないよう配慮した。 設問 1 では,オーバレイ方式と OF 方式の 2 種のネットワーク仮想化方式を比較することで,その特徴につ いての理解を問うた。全体として,正答率は高かった。日頃から,技術の動向やその特徴に関心をもつ習慣を 身につけておいてほしい。 設問 2 では,本文中に記述された OF 方式の動作を理解して,実際にネットワーク上にどのようなフレーム が流れて,どのような動作をするのかを出題した。全体的に正答率は高かったが,(3)の正答率は低かった。ここでは,従来技術の基本である ARP での ARP テーブルの登録・更新に関する動作の本質的な理解が必要であ る。仮想サーバを収容する物理サーバの切替時にも,ARP テーブルの強制更新に ARP の仕組みを使っているなど,新技術を支える従来基礎技術の重要性を再認識してほしい。 設問 3 では,テナントネットワークへの許可された PC の接続制御の方法を問うた。IEEE 802.1X 認証方式と OF 方式を組み合わせたネットワークの各種構成で発生する問題と対応を問う出題とした。(2)の EAP フレームの透過転送や,(3)のオーセンティケータとして動作をしている装置など,IEEE 802.1X の基本的な方式や動作を問う問題の正答率が低かった。もう一度認識を新たにしてほしい。全体として,知識を問う問題の正答率は高く,考え方についての理解を問う問題の正答率は低いという傾向が見られる。トラブルシューティングなどでは,正確な基礎技術の理解を基にした,応用動作が必要となってくる。新しい技術を学ぶことは,このようなケーススタディに通じる良い機会なので,積極的に取り組んでほしい。

次へ ▶️