情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H25秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ次へ ▶️

 無線LANの導入に関する次の記述を読んで設問1〜5に答えよ。

 E社は,コンピュータ関連製品の販売会社である。本社の他に複数の営業所があり,販売代理店経由で製品を販売している。本社では,販売,購買,会計などの基幹システムと,販売業務を支援する各種業務システムを運用している。これらのシステムは,複数台の物理サーバ上の仮想サーバで稼働させている。本社のネットワークシステム構成を図1に示す。

f:id:honmurapeo:20180509195513p:plain

 ここ数年,E社の売上は低迷している。そこで,E社では競争力を強化するために,急速に発展したスマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末(以下,MNという)を活用して,顧客の要望に即応できるような体制づくりに着手することを決めた。第1段階として,本社にMNの活用環境を構築・整備することになり,情報システム部のR課長は,部下のS主任に無線LAN導入案の検討を指示した。
 S主任は,無線LAN導入案の検討に先立ち,ネットワーク構成の解析訓練を兼ねて,後輩のJ君に本社のネットワーク構成,ネットワークの運用状況などの調査を指示した。

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

 XXX

XXX
 XXX

 XXX

f:id:honmurapeo:20180509195522p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195534p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195544p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195554p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195605p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195614p:plain

f:id:honmurapeo:20180509195625p:plain

 XXX

  a  

  ア  

たい

 XXX

 XXX

設問1

 本文中及び表中の   ア    カ   に入れる適切な字句を答えよ。

アの解答例・解説
解答例

 L3SW 又は レイヤ3スイッチ

解説

 XXXXXXXX

イの解答例・解説
解答例

 最小

解説

 XXXXXXXX

ウの解答例・解説
解答例

 802.11

解説

 XXXXXXXX

エの解答例・解説
解答例

 暗号化

解説

 XXXXXXXX

オの解答例・解説
解答例

 RC4

解説

 XXXXXXXX

カの解答例・解説
解答例

 ESSID 又は SSID

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問2

 〔XXX〕について,(1)〜(5)に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • L2SW3のP21 と L2SW4のP21 の組
  • L2SW3のP22 と L2SW4のP22 の組
解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例

 L3SW1

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 L3SW1 から L2SW2 の P11 への経路のパスコスト値が最も大きいから

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

機器名の解答例・解説
解答例

 L2SW4

解説

 XXXXXXXX

ポート ID の解答例・解説
解答例

 P23

解説

 XXXXXXXX

 

(5)XXX
 

(A)の解答例・解説
解答例

 L2SW1 → L3SW1

解説

 XXXXXXXX

(B)の解答例・解説
解答例

 L3SW1 → L3SW2 → L3SW1 → L2SW1

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問3

 〔XXX〕について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例

 暗号化されたデータが盗聴されてしまうこと

解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • IEEE 802.1X の認証が不要になるから
  • 再認証が不要になるから
解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • MN1 のデフォルトゲートウェイに接続できないから
  • MN1 と通信相手の間でコネクションが確立できないから
解説

 XXXXXXXX

 

 

設問4

 〔XXX〕について,(1)〜(4)に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • マルチキャストアドレス
  • 限定的ブロードキャストアドレス
解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

名称の解答例・解説
解答例

 GARP(Gratuitous ARP)

解説

 XXXXXXXX

目的の解答例・解説
解答例

 同一サブネット内の IP ノードがもつ ARP キャッシュを更新させるため

解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例

 プロキシ ARP で代理応答する。

解説

 XXXXXXXX

 

(4)XXX
 

a の解答例・解説
解答例

 HA プロキシ

解説

 XXXXXXXX

b の解答例・解説
解答例

 FA

解説

 XXXXXXXX

c の解答例・解説
解答例

 HA

解説

 XXXXXXXX

d の解答例・解説
解答例

 FA プロキシ

解説

 XXXXXXXX

e の解答例・解説
解答例

 FA

解説

 XXXXXXXX

 

 

設問5

 〔XXX〕について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • 社外から送信される無線 LAN の電波状態
  • AP からの電波到達範囲
  • 壁やパーティションの電波の透過状態
解説

 XXXXXXXX

 

(2)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • AP の設置場所の設計
  • 使用するチャンネルの設計
  • AP の設置方法の設計
  • AP の出力電波強度の設計
解説

 XXXXXXXX

 

(3)XXX
 

解答例・解説
解答例
  • FTP などによる実効通信速度のテスト
  • MN を移動させてのローミング可否のテスト
解説

 XXXXXXXX

 

 

IPA講評

出題趣旨

 ネットワーク技術者は,稼働中のネットワークに,新たなシステムを増設することがある。このような作業 を行うときには,稼働中のネットワークの構成,設定内容及び動作を的確に把握することが不可欠である。 また,昨今のスマートフォンやタブレット端末などモバイル端末と無線 LAN 技術の発展によって,企業情報 ネットワークにモビリティを加えやすくなり,多様な情報活用環境を整備することが可能になってきた。そこ で,今後,企業情報ネットワークへの無線 LAN の導入が一層推進されることが予想される。 このような状況を基に,本問では,既設の社内 LAN に無線 LAN を追加導入し,サブネットをまたがるローミ ングを実現させて,モバイル端末がもつ機動性を十分に発揮できる環境を構築する事例を取り上げ,既設 LAN の構成や動作の分析能力,本文中の記述を基に,モバイル IP の仕組みと動作を理解する能力,無線 LAN 関連 技術の理解度などを問う。

採点講評

 問 1 では,無線 LAN の導入をテーマに,既設の社内 LAN への無線 LAN の追加導入例,無線 LAN 関連技術,サ ブネットをまたがるローミング技術,及びサイトサーベイを取り上げ,ネットワーク技術者に求められる技術 の習熟度と分析能力,経験を基にした新技術などへの対応力を出題した。全体として,よく理解されていた。 特に,モバイル IP は午後問題では初めての出題だったが,正答率が高かった。このことから,受験者が,習 得したネットワーク技術を基にしながら本文を読んで,記述内容をよく理解できていることがうかがえた。 設問 1 では,ウ,エ,オの正答率が低かった。これらの問題は,無線 LAN の最初の標準規格に関連するもの だったので忘れられていたと推測されるが,無線 LAN の基本となる技術なので,理解しておいてほしい。 設問 2 は,STP,VRRP 及びリンクアグリゲーションが混在した,複雑なネットワークの動作に関する設問で あったが,全体として,正答率は高かった。特に,STP に関する問題は正答率が高く,受験者の理解度の高さ がうかがえた。 設問 3 は,無線 LAN に関する設問で,全体として,正答率は高かった。(3)では,MN1 に設定されているネッ トワーク情報が変更されないことに着目した解答を求めたが,これに着目しなかったことから,曖昧な内容と なった解答が散見された。設問で何が求められているか,十分に把握して解答することを心掛けてほしい。 設問 4 は,モバイル IP に関連する設問であったが,全体として,正答率は高かった。この中で,(2)の通 信の目的に関する問題の正答率は低かった。本問は,TCP/IP 通信の基本となる情報を保持している ARP テーブ ルの働きと更新に関連するものである。サブネット内のホストが保持する ARP テーブルの操作は,例えば, ARP テーブルに不正な MAC アドレスを登録させて通信相手になりすます ARP スプーフィングでも行われている ので,十分に理解しておいてほしい。 設問 5 は,サイトサーベイに関する設問で,無線 LAN の基本技術を理解していれば正答を導くことのできる 内容であったことから,全体として,正答率は高かった。特に,(2)は十分に理解されていた。しかし,(1)で は,どのような方法で測定するのかが想像できないような,曖昧で局所的な電波の状態についての記述が多く 見られた。