情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H25秋 午前Ⅱ 問1

◀️ 前へ次へ ▶️

 LAN ケーブルに関する記述として,適切なものはどれか。

  1. LAN ケーブル内の対になった導線がより線となっているのは,導線に発生する外来ノイズを減らすためであり,ケーブル内の全ての対のピッチは均一のほうが効果が高い。
  2. カテゴリ 5e の UTP ケーブルは 1000BASE-T で利用される非シールドより対線であり,2 本の導線が 4 対収められている。
  3. カテゴリ 6 の UTP ケーブルを使用する 1000BASE-TX では,1 対のより線で 250 Mビット/秒のデータを上り下り同時に送り,4 対合計で 1 G ビット/秒の全二重通信を実現している。
  4. 対線は 2 本の導線の電位差で情報を伝え,この対線に発生する外来ノイズの大きさは 2 本の導線の間隔に反比例する。

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. LAN ケーブル内の対になった導線がより線となっているのは,導線に発生する外来ノイズを減らすためであり,ケーブル内の全ての対のピッチは均一のほうが効果が高い。
    XXX
  2. カテゴリ 5e の UTP ケーブルは 1000BASE-T で利用される非シールドより対線であり,2 本の導線が 4 対収められている。
    XXX
  3. カテゴリ 6 の UTP ケーブルを使用する 1000BASE-TX では,1 対のより線で 250 Mビット/秒のデータを上り下り同時に送り,4 対合計で 1 G ビット/秒の全二重通信を実現している。
    XXX
  4. 対線は 2 本の導線の電位差で情報を伝え,この対線に発生する外来ノイズの大きさは 2 本の導線の間隔に反比例する。
    XXX

過去の出題