情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H24秋 午前Ⅱ 問21

◀️ 前へ次へ ▶️

 無線 LAN におけるセキュリティ対策に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  1. EAP は,クライアント PC とアクセスポイントとの間で,あらかじめ登録した共通鍵による暗号化通信を実現する。
  2. RADIUS では,クライアント PC とアクセスポイントとの間で公開鍵暗号方式による暗号化通信を実現できる。
  3. SSID は,クライアント PC ごとの秘密鍵を定めたものであり,公開鍵暗号方式による暗号化通信を実現する。
  4. WPA2 では,IEEE 802.1X の規格に沿った利用者認証及び動的に更新される暗号化鍵を用いて暗号化通信を実現できる。

 

答え

      エ

解説

 XXX

  1. EAP は,クライアント PC とアクセスポイントとの間で,あらかじめ登録した共通鍵による暗号化通信を実現する。
    XXX
  2. RADIUS では,クライアント PC とアクセスポイントとの間で公開鍵暗号方式による暗号化通信を実現できる。
    XXX
  3. SSID は,クライアント PC ごとの秘密鍵を定めたものであり,公開鍵暗号方式による暗号化通信を実現する。
    XXX
  4. WPA2 では,IEEE 802.1X の規格に沿った利用者認証及び動的に更新される暗号化鍵を用いて暗号化通信を実現できる。
    XXX

過去の出題

  • なし