情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H24秋 午前Ⅱ 問10

◀️ 前へ次へ ▶️

 IPv4 における ICMP のメッセージに関する説明として,適切なものはどれか。

  1. 送信元が設定したソースルーティングが失敗した場合は,Echo Reply を返す。
  2. 転送されてきたデータグラムを受信したルータが,そのネットワークの最適なルータを送信元に通知して経路の変更を要請するには,Redirect を使用する。
  3. フラグメントの再組立て中にタイムアウトが発生した場合は,データグラムを破棄して Parameter Problem を返す。
  4. ルータでメッセージを転送する際に,受信側のバッファがあふれた場合には Time Exceeded を送り,送信ホストに送信を抑制することを促す。

 

答え

      イ

解説

 ICMP(Internet Control Message Protocol)は,IP プロトコルのエラー通知及び情報通知のために利用されるプロトコルです。

 ICMPのタイプには次のようなものがあります。

  • タイプ0:Echo Reply(エコー応答)
  • タイプ3:Destination Unreachable(到達不能)
  • タイプ4:Source Quench(始点抑制)
  • タイプ5:Redirect(リダイレクト)
  • タイプ8:Echo Request(エコー要求)
  • タイプ9:Router Advertisement(ルータ広告)
  • タイプ10:Router Solicitation(ルータ請願)
  • タイプ11:Time Exceeded(時間超過)
  • タイプ17:Address Mask Request(アドレスマスク要求)
  • タイプ18:Address Mask Reply(アドレスマスク応答)
  1. 送信元が設定したソースルーティングが失敗した場合は,Echo Reply を返す。
    送信元が設定したソースルーティングが失敗した場合は,タイプ3:Destination Unreachable(到達不能)を返します。
  2. 転送されてきたデータグラムを受信したルータが,そのネットワークの最適なルータを送信元に通知して経路の変更を要請するには,Redirect を使用する。
    正しいです。タイプ5:Redirect メッセージには最適経路の情報が入っています。
  3. フラグメントの再組立て中にタイムアウトが発生した場合は,データグラムを破棄してParameter Problemを返す。
    パケットの再構築処理中のタイムアウトが起こると,タイプ11:Time Exceeded(時間超過)メッセージが送られます。
  4. ルータでメッセージを転送する際に,受信側のバッファがあふれた場合には Time Exceeded を送り,送信ホストに送信を抑制することを促す。
    送信ホストに送信を抑制することを促す場合は,タイプ4:Source Quench(始点抑制)メッセージが送られます。

過去の出題