情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H24秋 午前Ⅱ 問7

◀️ 前へ次へ ▶️

 IP ネットワークのルーティングの一つである OSPF の説明として,適切なものはどれか。

  1. 自律システム間の接続に使用され,経路が変化したときだけ,その差分を送信する。
  2. 自律システム内で使用され,距離ベクトルとリンクステートの両アルゴリズムを採用したルーティングプロトコルである。
  3. ネットワークを,エリアと呼ぶ単位に分割し,エリア間をバックボーンで結ぶ形態を採り,回線速度などを考慮した最小コストルーティングのプロトコルである。
  4. ホップ数に基づいて最短経路を動的に決定する。サブネット情報を通知できないので,大規模ネットワークには不向きである。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. 自律システム間の接続に使用され,経路が変化したときだけ,その差分を送信する。
    XXX
  2. 自律システム内で使用され,距離ベクトルとリンクステートの両アルゴリズムを採用したルーティングプロトコルである。
    XXX
  3. ネットワークを,エリアと呼ぶ単位に分割し,エリア間をバックボーンで結ぶ形態を採り,回線速度などを考慮した最小コストルーティングのプロトコルである。
    XXX
  4. ホップ数に基づいて最短経路を動的に決定する。サブネット情報を通知できないので,大規模ネットワークには不向きである。
    XXX

過去の出題

  • なし