情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H23秋 午前Ⅱ 問19

◀️ 前へ次へ ▶️

 無線 LAN 環境に複数台の PC,複数台のアクセスポイントと利用者認証情報を管理する 1 台のサーバがある。利用者認証とアクセス制御に IEEE 802.1X と RADIUS を利用する場合の特徴はどれか。

  1. PC には IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,RADIUS クライアントの機能をもたせる。
  2. アクセスポイントには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,RADIUS クライアントの機能をもたせる。
  3. アクセスポイントには IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,RADIUS サーバの機能をもたせる。
  4. サーバには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,RADIUS サーバの機能をもたせる。

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. PC には IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,RADIUS クライアントの機能をもたせる。
    XXX
  2. アクセスポイントには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,RADIUS クライアントの機能をもたせる。
    XXX
  3. アクセスポイントには IEEE 802.1X のサプリカントを実装し,RADIUS サーバの機能をもたせる。
    XXX
  4. サーバには IEEE 802.1X のオーセンティケータを実装し,RADIUS サーバの機能をもたせる。
    XXX

過去の出題

  • なし