情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H22秋 午前Ⅱ 問21

◀️ 前へ次へ ▶️

 送信元を詐称した電子メールを拒否するために,SPF(Sender Policy Framework)の仕組みにおいて受信側が行うことはどれか。

  1. Resent-Sender:,Resent-From:,Sender:,From: などのメールヘッダ情報の送信者メールアドレスを基に送信メールアカウントを検証する。
  2. SMTP が利用するポート番号 25 の通信を拒否する。
  3. SMTP 通信中にやり取りされる MAIL FROM コマンドで与えられた送信ドメインと送信サーバの IP アドレスの適合性を検証する。
  4. 付加されたディジタル署名を受信側が検証する。

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. Resent-Sender:,Resent-From:,Sender:,From: などのメールヘッダ情報の送信者メールアドレスを基に送信メールアカウントを検証する。
    XXX
  2. SMTP が利用するポート番号 25 の通信を拒否する。
    XXX
  3. SMTP 通信中にやり取りされる MAIL FROM コマンドで与えられた送信ドメインと送信サーバの IP アドレスの適合性を検証する。
    XXX
  4. 付加されたディジタル署名を受信側が検証する。
    XXX

過去の出題

  • なし