情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H22秋 午前Ⅱ 問13

◀️ 前へ次へ ▶️

 RSVP の説明として,適切なものはどれか。

  1. IP ネットワークにおいて,ホスト間通信の伝送帯域を管理するためのプロトコルである。
  2. LAN システムにおいて,物理的なケーブルやノードの接続形態に依存せず,ノードを任意に論理的なグループに分ける技術である。
  3. PPP によるデータリンクを複数束ねることができるように拡張したプロトコルである。
  4. リモートアクセスを利用する利用者の認証を行うためのプロトコルである。

 

答え

      ア

解説

 XXX

  1. IP ネットワークにおいて,ホスト間通信の伝送帯域を管理するためのプロトコルである。
    XXX
  2. LAN システムにおいて,物理的なケーブルやノードの接続形態に依存せず,ノードを任意に論理的なグループに分ける技術である。
    XXX
  3. PPP によるデータリンクを複数束ねることができるように拡張したプロトコルである。
    XXX
  4. リモートアクセスを利用する利用者の認証を行うためのプロトコルである。
    XXX

過去の出題

  • なし