情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H21秋 午前Ⅱ 問19

◀️ 前へ次へ ▶️

 企業の DMZ 上で 1 台の DNS サーバをインターネット公開用と社内用で共用している。この DNS サーバが,DNS キャッシュポイズニングの被害を受けた結果,引き起こされ得る現象はどれか。

  1. DNS サーバで設定された自社の公開 Web サーバの FQDN 情報が書き換えられ,外部からの参照者が,本来とは異なる Web サーバに誘導される。
  2. DNS サーバのメモリ上にワームが常駐し,DNS 参照元に対して不正プログラムを送り込む。
  3. 社内の利用者が,インターネット上の特定の Web サーバを参照する場合に,本来とは異なる Web サーバに誘導される。
  4. 電子メールの不正中継対策をした自社のメールサーバが,不正中継の踏み台にされる。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. DNS サーバで設定された自社の公開 Web サーバの FQDN 情報が書き換えられ,外部からの参照者が,本来とは異なる Web サーバに誘導される。
    XXX
  2. DNS サーバのメモリ上にワームが常駐し,DNS 参照元に対して不正プログラムを送り込む。
    XXX
  3. 社内の利用者が,インターネット上の特定の Web サーバを参照する場合に,本来とは異なる Web サーバに誘導される。
    XXX
  4. 電子メールの不正中継対策をした自社のメールサーバが,不正中継の踏み台にされる。
    XXX

過去の出題

  • なし