情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H21秋 午前Ⅱ 問18

◀️ 前へ次へ ▶️

 チャレンジレスポンス方式として,適切なものはどれか。

  1. SSL によって,クライアント側で固定パスワードを暗号化して送信する。
  2. トークンという装置が表示する毎回異なったデータをパスワードとして送信する。
  3. 任意長のデータを入力として固定長のハッシュ値を出力する。
  4. 利用者が入力したパスワードと,サーバから送られてきたランダムなデータとをクライアント側で演算し,その結果を認証用データに用いる。

 

答え

      エ

解説

 XXX

  1. SSL によって,クライアント側で固定パスワードを暗号化して送信する。
    XXX
  2. トークンという装置が表示する毎回異なったデータをパスワードとして送信する。
    XXX
  3. 任意長のデータを入力として固定長のハッシュ値を出力する。
    XXX
  4. 利用者が入力したパスワードと,サーバから送られてきたランダムなデータとをクライアント側で演算し,その結果を認証用データに用いる。
    XXX

過去の出題

  • なし