情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

NW H21秋 午前Ⅱ 問6

◀️ 前へ次へ ▶️

 図のようなルータ 1 とルータ 2 及び負荷分散装置を使ったマルチホーミングが可能な構成において,クライアントから接続先サーバあてのパケットに対する負荷分散装置の処理として,適切なものはどれか。

f:id:honmurapeo:20160823195640p:plain

  1. あて先 IP アドレスはそのままで,あて先 MAC アドレスを接続先サーバの MAC アドレスに置き換える。
  2. あて先 IP アドレスはそのままで,あて先 MAC アドレスをルータ 1 又はルータ 2 の MAC アドレスに置き換える。
  3. あて先 MAC アドレスはそのままで,あて先 IP アドレスを接続先ルータの IP アドレスに置き換える。
  4. あて先 MAC アドレスはそのままで,あて先 IP アドレスをルータ 1 又はルータ 2 の IP アドレスに置き換える。

 

答え

      イ

解説

 XXX

  1. あて先 IP アドレスはそのままで,あて先 MAC アドレスを接続先サーバの MAC アドレスに置き換える。
    XXX
  2. あて先 IP アドレスはそのままで,あて先 MAC アドレスをルータ 1 又はルータ 2 の MAC アドレスに置き換える。
    XXX
  3. あて先 MAC アドレスはそのままで,あて先 IP アドレスを接続先ルータの IP アドレスに置き換える。
    XXX
  4. あて先 MAC アドレスはそのままで,あて先 IP アドレスをルータ 1 又はルータ 2 の IP アドレスに置き換える。
    XXX

過去の出題

  • なし