情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

ITパスポート H28春 問58

◀️ 前へ次へ ▶️

 情報セキュリティにおけるソーシャルエンジニアリングへの対策の例として,適切なものはどれか。

  1. ウイルスを検知,除去する機能を電子メールシステムに導入する。
  2. サーバへの攻撃を想定した擬似アタック試験を実施し,発見された脆(ぜい)弱性への対策を行う。
  3. 従業員のセキュリティ意識を高めるため,セキュリティ教育を行う。
  4. 停電に備えて,サーバルーム向けの自家発電装置を導入する。

 

答え

      ウ

解説

 XXX

  1. ウイルスを検知,除去する機能を電子メールシステムに導入する。
    XXX
  2. サーバへの攻撃を想定した擬似アタック試験を実施し,発見された脆(ぜい)弱性への対策を行う。
    XXX
  3. 従業員のセキュリティ意識を高めるため,セキュリティ教育を行う。
    XXX
  4. 停電に備えて,サーバルーム向けの自家発電装置を導入する。
    XXX