情報処理技術者試験ナビ

当サイトは準備中です。

2016-08-14から1日間の記事一覧

SM 26秋 午前Ⅱ 問20

問題 二つのシステムの信頼性評価指標の関係に関する記述のうち,適切なものはどれか。 稼働率が等しければ,MTBFも等しい。 稼働率が等しければ,MTTRも等しい。 故障発生率が等しければ,MTBFも等しい。 故障発生率が等しければ,MTTRも等しい。 // 答え …

SA 26秋 午前Ⅱ 問20

問題 WebブラウザやHTTPを用いず,独自のGUIとデータ転送機能を用いた,ネットワーク対戦型ゲームを作成する。 仕様(2)の実現に用いることができる仕組みとして,適切なものはどれか。 〔仕様〕 (1) ゲームは囲碁や将棋のように2人のプレーヤの間で行わ…

ST 26秋 午前Ⅱ 問20

問題 コンピテンシモデルの説明はどれか。 権限行使と命令統制による労務管理を批判し,目標管理制度や経営参加制度などによる動機付けが有効であるとしたもの 最適なリーダシップの唯一のスタイルは存在せず,望ましいリーダシップのスタイルは,状況に応じ…

SM 26秋 午前Ⅱ 問19

問題 パイプラインハザード対策に関する記述のうち,アウトオブオーダ実行方式を用いたものはどれか。 演算に必要なデータがそろうまで実効が待たされている命令によって,後続の命令の実効が待たされることを防ぐために,既にデータがそろっている後続の命…

SA 26秋 午前Ⅱ 問19

問題 アクセス時間10ナノ秒のキャッシュメモリとアクセス時間50ナノ秒の主記憶を使用した処理装置において,主記憶の実効メモリアクセス時間が25ナノ秒以下になるためには,キャッシュメモリのヒット率が少なくとも何%あればよいか。 50 60 70 80 // 答え ウ…

ST 26秋 午前Ⅱ 問19

問題 HEMSの説明として,適切なものはどれか。 太陽光発電システム及び家庭用燃料電池が発電した電気を,家庭などで利用できるように変換するシステム 廃棄物の減量及び資源の有効利用推進のために,一般家庭及び事務所から排出された家電製品の有用な部分を…

SM 26秋 午前Ⅱ 問18

問題 デルファイ法を利用して,プロジェクトのリスクを抽出しているものはどれか。 ステークホルダや経験豊富なプロジェクトマネージャといった専門家にインタビューし,回答を収集してリスクとしてまとめる。 複数のお互いに関係ないステークホルダやプロジ…

SA 26秋 午前Ⅱ 問18

問題 システム化計画立案時に,全社レベルの業務モデルを作成するときの留意点はどれか。 業務モデルとしてビジネスプロセスとデータクラスとの関係を明らかにするために,データクラスに含まれるデータ項目を詳細にしておく必要がある。 業務モデルは企業活…

ST 26秋 午前Ⅱ 問18

問題 ある会社の生産計画部では,毎月25日に次の手続きで翌月の計画生産量を決定している。8月分の計画生産量を求める式はどれか。 〔手続き〕 (1)当月末の予想在庫量を,前月末の実在庫量と当月の計画生産量と予想販売量から求める。 (2)当月末の予想在…

SM 26秋 午前Ⅱ 問17

問題 プロジェクト管理で使用する分析技法のうち,傾向分析の説明はどれか。 個々の選択肢とそれぞれを選択した場合に想定されるシナリオの関係を図に現し,それぞれのシナリオにおける期待値を計算して,最善の策を選択する。 個々のリスクが実現のものとな…

SA 26秋 午前Ⅱ 問17

問題 エンタープライズアーキテクチャにおいて,ビジネスアーキテクチャの成果物である機能情報関連図(DFD)を説明したものはどれか。 業務・システムの処理過程において,情報システム間でやりとりされる情報の種類及び方向を図式化したものである。 業務…

ST 26秋 午前Ⅱ 問17

問題 TOC(Theory of Constraints)の特徴はどれか。 個々の工程を個別に最適化することによって,生産工程全体を最適化する。 市場の需要が供給能力を下回っている場合に有効な理論である。 スループット(= 売上高 - 資材費)の増大を最重要視する。 生産…

SM 26秋 午前Ⅱ 問16

問題 プロジェクトの進捗管理をEVM(Earned Value Management)で行っている。コストが超過せず,納期も遅れないと予想されるプロジェクトはどれか。ここで,それぞれのプロジェクトの開発の生産性は今までと変わらないとする。 // 答え ウ 解説 // 関連情報…

SA 26秋 午前Ⅱ 問16

問題 非機能要件項目はどれか。 新しい業務の在り方や運用に関わる業務手順,入出力情報,組織,責任,権限,業務上の制約などの項目 新しい業務の遂行に必要なアプリケーションシステムに関わる対象となる人の作業,システム機能の実現範囲,機能間の情報の…

ST 26秋 午前Ⅱ 問16

問題 製品のロードマップに従って製品を開発していく場合に,プロダクトライン開発を適用する利点はどれか。 技術者個人の力を組織力よりも重視するので,成熟度の低い組織でも製品開発に成功しやすい。 品質が安定した資産を再利用していくので,品質が安定…

SM 26秋 午前Ⅱ 問15

問題 データ管理者(DA)とデータベース管理者(DBA)を別々に任命した場合のDAの役割として,適切なものはどれか。 業務データ量の増加傾向を把握し,ディスク装置の増設などを計画し実施する。 システム開発の設計工程では,主に論理データベース設計を行…

SA 26秋 午前Ⅱ 問15

問題 情報システムの全体計画立案のためにE-Rモデルを用いて会社のデータモデルを作成する手順はどれか。 管理層の業務から機能を抽出し,機能をエンティティとする。次に,機能の相互関係に基づいてリレーションシップを定義する。さらに,会社の帳票類を調…

ST 26秋 午前Ⅱ 問15

問題 カーブアウトの説明として,適切なものはどれか。 企業の経営者などが自社の株式や事業部門を買収すること 競争相手に知られたくない技術を,特許取得せずノウハウとして社内に秘匿すること 自社の事業の一部を戦略的に切り出し,埋もれた技術や人材を…

SM 26秋 午前Ⅱ 問14

問題 情報セキュリティに関する従業員の責任について,“情報セキュリティ管理基準”に基づいて監査を行った。指摘事項に該当するものはどれか。 雇用の終了をもって守秘責任が解消されることが,雇用契約に定められている。 定められた勤務時間以外においても…

SA 26秋 午前Ⅱ 問14

問題 投資効果を現在価値法で評価するとき,最も投資効果の大きい(又は損失の小さい)シナリオはどれか。ここで,期間は3年間,割引率は5%とし,各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。 A B C 投資をしない // 答え イ 解説 // 関連情報 オンラ…

ST 26秋 午前Ⅱ 問14

問題 経営戦略に用いるCSF分析で明らかになるものはどれか。 業界内の競争に影響する要因と,自社の強み 競争環境の脅威と機会,企業の強み・弱み 成功するための重要な機能や特性 保有する事業の成長性と収益性 // 答え ウ 解説 // 関連情報 オンラインテキ…

SM 26秋 午前Ⅱ 問13

問題 “24時間365日”の有人オペレーションサービスを提供する。シフト勤務の条件が次の時,オペレータは最小で何人必要か。 〔条件〕 (1) 1日に3シフトの交代勤務とする。 (2) 各シフトで勤務するオペレータは2人以上とする。 (3) 各オペレータの勤務回…

SA 26秋 午前Ⅱ 問13

問題 ユースケース駆動開発の利点はどれか。 開発を反復するので,新しい要求やビジネス目標の変化に柔軟に対応しやすい。 開発を反復するので,リスクが高い部分に対して初期段階で対処しやすく,プロジェクト全体のリスクを減らすことができる。 基本とな…

ST 26秋 午前Ⅱ 問13

問題 ファイブフォース分析において,企業の競争力に影響を与える五つの要因として,新規参入者の脅威,バイヤの交渉力,競争業者間の敵対関係,代替製品の脅威と,もう一つはどれか。 サプライヤの交渉力 自社製品の品質 消費者の購買力 政府の規制 // 答え…

SM 26秋 午前Ⅱ 問12

問題 データベースのロールバック処理の説明はどれか。 ログの更後情報を用いて,トランザクション開始後の障害直前の状態にまでデータを復元させる。 ログの更新後情報を用いて,トランザクション開始直前の状態にまでデータを復元させる。 ログの更新前情…

SA 26秋 午前Ⅱ 問12

問題 開発ライフサイクルモデルとして,ウォータフォールモデル,進化的モデル,スパイラルモデルの三つを考える。ソフトウェア保守は,どのモデルを採用したときに必要か。 ウォータフォールモデルだけ ウォータフォールモデルと進化的モデルだけ ウォータ…

ST 26秋 午前Ⅱ 問12

問題 顧客の収益が表のように見込まれるとき,3年間の顧客生涯価値(LTV)は何百万円か。ここで,割引率は10%とし,計算は百万円未満を切り捨てるものとする。 65 67 70 73 // 答え イ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題

SM 26秋 午前Ⅱ 問11

問題 バックアップサイトの説明のうち,ウォームスタンバイの説明として,最も適切なものはどれか。 同じようなシステムを運用する外部の企業や組織と協定を結び,緊急時には互いのシステムを貸し借りして,サービスを復旧する。 緊急時にバックアップシステ…

SA 26秋 午前Ⅱ 問11

問題 論理型プログラミングにおいて,命題の証明を行うための基本的な操作はどれか。 オーバーライド オーバーロード メッセージパッシング ユニフィケーション // 答え エ 解説 // 関連情報 オンラインテキスト キーワード 過去の出題

ST 26秋 午前Ⅱ 問11

問題 マーケティング調査におけるエスノグラフィーの活用事例はどれか。 業界紙や業界新聞,調査会社の売れ筋ランキングなどから消費者の動向を探る。 広告の一部に資料請求の項目を入れておき,それを照会してきた人数を調べる。 消費行動の現場で観察やイ…